« 「モンスターハンター」:上手に焼けました~ | トップページ | 『鬼武者3』プロデューサーインタビュー »

2004.03.15

「鬼武者3」 プレイ7日目

サマノスケとジャックの息子アンリが捕らわれ、ミシェルが動物園でそれを救出し、遂にギルデンスタンを倒して、「時のねじれ装置」を破壊するため、サマノスケが「モン・サン・ミシェル」に入ったところまで。

驚いたのは「ミシェル」を操作してプレイするシーンがあった事。
プレイするキャラはサマノスケとジャックの二人だけだと思っていたので意外だった。

最初はまともに戦えるのかなと心配だったが、ショットガンは使い勝手もよく、手榴弾の攻撃力も高かったのでかなり快適にプレイできた。

シナリオ的にも特に行き詰まるところ無くサクサクと進んだ印象。

ただ失敗したなと思ったのが、このミッシェルでアイテムを入手してしまったこと。
てっきりサマノスケに引き継がれるのかと思っていたのに、実際はそうではなく、回復アイテムだけは引き継がれていなかった。
まぁ「木霊」とかは引き継がれていたみたいなのでホッと一安心。

幸運だったのは、動物園でミシェルが拾った「吸魂のブレスレッド」を、偶然アイテム欄で使用してみたこと。
なんと、ミッシェルが貯めた赤魂を、一気にサマノスケに引き継ぐ事ができたのだ。
これは偶然でもなければ気付かなかったと思う。
おかげで攻撃力の高さで気に入っている斧を一気に強化できた。

ギルデンスタンはなかなか強かったが、これも運良く一度も死なずに倒すことができた。
鬼武者変化を使うタイミングが良かったのだと思う。

さて、次の攻略ステージとなる「モン・サン・ミシェル」、何が待ちかまえているのやら・・・

|

« 「モンスターハンター」:上手に焼けました~ | トップページ | 『鬼武者3』プロデューサーインタビュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2647/301243

この記事へのトラックバック一覧です: 「鬼武者3」 プレイ7日目:

« 「モンスターハンター」:上手に焼けました~ | トップページ | 『鬼武者3』プロデューサーインタビュー »