« 僕がFF11を止め"ない"理由 ~(FF11について想う・・・ その2)  | トップページ | 「モンスターハンター」:上手に焼けました~ »

2004.03.11

「鬼武者3」 プレイ6日目

サマノスケとジャック、二人の連携による海底神殿での探索から、先ずはジャックが幻魔列車で脱出したところまで。

いやぁ、この海底神殿のステージは長かった。
謎解きや仕掛けも複数あったけど、特に行き詰ったところは無かった。

ただ、サマノスケが通る通路のガラスが割れて水が入り込んでくるシーンで、その水より先に扉まで走り抜けなければならないところで2回ほど死んだ。
扉にたどり着く直前に画面が切り替わるのだが、その瞬間に走る方向が変わってしまうため間に合わないのである。
結局画面が切り替わっても、レバーの向きを変えてはいけないワケだが、わかってはいても微妙に動いてしまう。
そこで、ジョイスティックでの操作をやめて、十字キーで操作し、3回目でなんとかクリア。

そういえば、途中で拾った書物「神殿の書」の内容が面白かった。
鬼族が幻魔の攻勢を凌ぐためにこの海底神殿がを建造したといういきさつが書かれていたワケだが、その中に浦島太郎がこの海底神殿に訪れ、神殿の存在を誰にも知られないように「時のねじれ」を通して帰した、という記述が含まれていた。
なかなか面白い設定だなと感心した。

さて、ゲーム全体のどのあたりまで来たんだろう。
いずれにしろまだ当分はプレイが続きそうである。

oni03.jpg

|

« 僕がFF11を止め"ない"理由 ~(FF11について想う・・・ その2)  | トップページ | 「モンスターハンター」:上手に焼けました~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2647/286300

この記事へのトラックバック一覧です: 「鬼武者3」 プレイ6日目:

« 僕がFF11を止め"ない"理由 ~(FF11について想う・・・ その2)  | トップページ | 「モンスターハンター」:上手に焼けました~ »