トップページ | 2004年4月 »

2004.03.31

ちょっとデザイン変更

サイドフレームが長~くなってきちゃったので、デザインを3列フレームに変更してみた。
低解像度だと見にくいですかね?
自分の画面が1280*1024なので、そのへんがちょっとわからない。

それにしてもアクセスカウンターの回転が早い!
本家が2年かかって26000アクセスなのに、こっちは3週ちょっとで10000カウントを超えてしまった。

最初に付けたレンタルカウンターが1日500アクセス制限だったので、わずか数日で使用禁止命令(>_<)
現在のは1日1000アクセス制限なんだけど、多い日は800アクセスを超えているので、これも危ないかも・・・
ココログさん、カウンターを用意して~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

難しすぎ! ~XBOX 「NINJA GAIDEN」

このところ、はんぎょどんさんもムシクンさんも、どういうわけかXBOXネタなので、便乗してGaiも(^^)/

5.1chとかボイスチャットとか、悪くないハードなのに、ほんと伸びませんねぇ。
やっぱり日本人が楽しめるソフトが少ないせいですかね。

そんなXBOXですが、現在Gaiは「NINJA GAIDEN」に挑戦中。

ninja01s.jpg

しかし・・・
なんちゅう難しさだ(>_<)

続きを読む "難しすぎ! ~XBOX 「NINJA GAIDEN」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.03.27

「悪魔の心理」と「思いやり」が共存するネットワークゲームの世界

教育研究所所長・牟田武生氏のコラムを読んだ。
毎日新聞系列のサイト「こころのページ」で連載中だ。

第1回 ひきこもりに大流行の兆し インターネットゲーム

第2回インターネットゲーム 仮想社会は居心地が良いが…

ragna01.GIF

子どもや青年らを虜(とりこ)にする魅力とは何か、ネットゲームにはまりこんだひきこもりの子どもと話をして、その子どもを理解するために、50歳半ばを過ぎて挑戦中だという。

続きを読む "「悪魔の心理」と「思いやり」が共存するネットワークゲームの世界"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004.03.26

素材もお金も足りません (>_<) ~モンスターハンター日記

数日ぶりにログインし、3つほどクエストに参加。
ハンターランク7までにはあと1000ポイントほどだけど、討伐クエストが2つほど未クリア。
近々やらないとなぁ。

tsunobue_black.gif

ログアウト前にもう少し装備を強化できないものかと工房を覗く。
素材的にはいくつかいけることがわかり、適当にアイテムを売って金策。

続きを読む "素材もお金も足りません (>_<) ~モンスターハンター日記"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.25

「鬼武者3」 プレイ8日目

サマノスケに続き、ジャックも「モン・サン・ミシェル」に到着したところから、二人が爆発直前の「モン・サン・ミシェル」から脱出したところまで。

ここも実に長いエピソードで、やっかいな謎解きも多かった。
エリア自体はさほど広くなく、おおよその全体像も早めにつかめたのだが、サマノスケで入手したアイテムをジャックに送ったり、その逆であったりの繰り返しで、とにかくすんなりとは進ませてくれない。

sc11_s.jpg

それでも、ジャックが毒ガスの罠にはまり、指定された順番にボタンを押してそれを解除する場面で、時間が間に合わず、一度ゲームオーバーになった以外はどうにか順調に攻略できた。

続きを読む "「鬼武者3」 プレイ8日目"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.24

当選はしたけれど・・・ 18禁オンラインRPG「A3」

今朝、ガンホーから小荷物が届いた。
ガンホーは、今や著名なネットワークゲームの一つとなった「ラグナロクオンライン」(RO)を提供しているところだ。

何かな?と思って開封してみたら今春スタート予定のオンラインRPG「A3」のリミテッドサービス(クローズドベータテスト)キットであった。

a3_01s.jpg

しばらく前に応募していたベータテスター募集に当選したわけである。

「A3」の最大の特徴はなんといっても「R18」指定のゲームである点。
つまり18歳未満プレイ禁止なのである。

続きを読む "当選はしたけれど・・・ 18禁オンラインRPG「A3」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

育て方に悩む今日このごろ・・・Knight Online

しばらく書いていなかった「Knight Online」であるが、実はちょこちょこ続けている。

「Knight Online」では、キャラ作成時に先ず「人間側」と「魔族側」のどちらの陣営に属するかを選択する。
そして各陣営に4つの初期ジョブが存在する。
ウォーリアー(剣士)・ログ(弓使い)・プリースト(回復)・ウィザード(攻撃魔法)である。

elmo_s.jpg

前回書いたようにGaiは「プリースト」でキャラを作成したが、現在は転職して「クレリック」である。
今夜レベルも26となった。

続きを読む "育て方に悩む今日このごろ・・・Knight Online"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.03.22

アギト改+ランボスフル装備 ~モンスターハンター日記

ログイン早々、レベル☆☆クエストに参戦するも、あまりにも貧弱装備の為、ボス恐竜に2撃も食らうと、あっという間にピンチ状態。
攻撃も下に潜り込んで腹の辺りを狙わないと弾かれてしまう始末。
しかし下に潜り込むんで斬りつけると、ほぼ確実に下敷きになってダメージを受けるという悪循環;;

niku02_black.gif

さすがに限界を感じて、装備の強化を決意し、とはいえ所持金は無いので、これまで集めたアイテムのウチ、そこそこお金になるものを売り裁いて金策・・・

続きを読む "アギト改+ランボスフル装備 ~モンスターハンター日記"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004.03.21

祝・ランク5達成 ~モンスターハンター日記

今夜、ようやくオンラインでランク5になれた。

しばらく前からポイントはMAX状態だったのに、なぜか「条件を満たしていません」と表示されて、ランクアップできない状態が続いていたのだ。

kuroneko_black.gif

結局、緊急討伐クエストを自分自身で受けてクリアしなければならなかった様子。
他の人の受けたクエストに参加して何度かクリアしていたから、てっきり済ませたものと思いこんでいた。

続きを読む "祝・ランク5達成 ~モンスターハンター日記"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.20

「オタクの何がいけないの? 」~ギャルゲーが欲しい男子学生の気持ち

期せずしてギャルゲーネタ第2弾である^^;

NHKの「シャベリ場」という番組のサイトで見つけた文章・・・

オタクの何がいけないの? (2004年4月23日放送)
 提案者 : 14期生 意見募集中

僕は中3から、アニメに出てくる美少女キャラにハマっています。アニメ系のグッズを集め、恋愛シミュレーションゲームに熱中する毎日で、美少女キャラに真剣に恋をするほどです。恋愛シミュレーションゲームがあるおかげで、僕のようにモテない男子でも恋のドキドキ感やトキメキを感じることができます。しかし周囲の人は美少女キャラに夢中になる僕のことを「オタクだ」と言ってバカにします。一つのことに夢中になるのは、素晴らしいこと。なのにスポーツやファッションとは違って、美少女アニメだとバカにされるのは納得いきません。オタクの何がいけないの?

うーん、これは前回の「女学生A」さんとはちょっと違うとGaiは思う・・・

続きを読む "「オタクの何がいけないの? 」~ギャルゲーが欲しい男子学生の気持ち"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.03.18

ギャルゲーが欲しい女学生の気持ち。

なんとなくココログを巡回していて、たまたま「ギャルゲーが欲しい女学生の気持ち。」という書き込みを発見した。

学生さんの割には、なかなか文達者というか、惹き付けられる文章の書き方をする方だなぁというのが最初の印象。
女学生Aの憂鬱」はまだ立ち上がったばかりのブログのようだが、以前から続けておられる様子のwebサイトの方の文章もざっと読ませてもらって、その感想を一層強くした。

それはさておき、このタイトルでひとつ書いてみようかなと思ったのには二つの理由がある。

続きを読む "ギャルゲーが欲しい女学生の気持ち。"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004.03.17

「FF11について想う・・・その3」

さて、いい加減に続きを書かねばと思いながらも、なかなか書けなかった「FF11について想う」の第3回目である。
こういうのを手書きであるならば「筆が重い」というのだろう。

最初に断っておくと、長文であるにも関わらず、まだ完結しませんヽ(;´д`)ノ
なのでもし読んで下さっている方がいましたら、その点ご了承下さい。

hikumini.jpg
Copyright (C) 2004 SQUARE CO.,LTD. All Rights Reserved

前回は、Gaiが現在の状況においてもFF11をやめずに続けているのは、決してLS(リンクシェル)のためだけでは無いが、その存在が大きいという点はあるというところまで書いた。

これも最初に断っておくと、GaiはLSリーダーではない。
というかウチのLSにはリーダーというものが創設時から存在していない
ちょっと特異なLSである。
そしてGaiはそんなLSの創設時のメンバーの一人であり、LS用のホームページの管理人でもある。

続きを読む "「FF11について想う・・・その3」"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004.03.15

『鬼武者3』プロデューサーインタビュー

『鬼武者3』プロデューサー稲船氏インタビュー(電撃)

以前、「鬼武者3」 感想その1で触れた「ジャン・レノの起用が先に決まっていたから「フランス」なのか、「フランス」という設定が決まっていたからジャン・レノが起用されたのか」というGaiの疑問について、こるばすさんから、今回と同じくプロデューサー稲船氏が別のインタービューで答えている内容を元に「ジャン・レノが先」という推測をコメントで頂い事がありましたが、今回のインタビューで更に深い背景を知ることができました。

「フランス」そのものやキャラデザイン、ムチの設定などはやはり「ジャン・レノの起用が先」というので正解だったと読みとれます。
ただ、「2つの時代で戦うというコンセプト」自体は『鬼武者』の開発が終わった瞬間には決まっていたということで、その点はちょっと驚きでした。

Gaiはまだプレイ中なので、このインタビュー記事は面白く読めました。

『3』からやる人は迷わず「易しいモード」でやってください(笑)。もう迷ったらダメ!

ええ、もちろん「易しいモード」でやってますとも!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「鬼武者3」 プレイ7日目

サマノスケとジャックの息子アンリが捕らわれ、ミシェルが動物園でそれを救出し、遂にギルデンスタンを倒して、「時のねじれ装置」を破壊するため、サマノスケが「モン・サン・ミシェル」に入ったところまで。

驚いたのは「ミシェル」を操作してプレイするシーンがあった事。
プレイするキャラはサマノスケとジャックの二人だけだと思っていたので意外だった。

最初はまともに戦えるのかなと心配だったが、ショットガンは使い勝手もよく、手榴弾の攻撃力も高かったのでかなり快適にプレイできた。

シナリオ的にも特に行き詰まるところ無くサクサクと進んだ印象。

ただ失敗したなと思ったのが、このミッシェルでアイテムを入手してしまったこと。
てっきりサマノスケに引き継がれるのかと思っていたのに、実際はそうではなく、回復アイテムだけは引き継がれていなかった。
まぁ「木霊」とかは引き継がれていたみたいなのでホッと一安心。

幸運だったのは、動物園でミシェルが拾った「吸魂のブレスレッド」を、偶然アイテム欄で使用してみたこと。
なんと、ミッシェルが貯めた赤魂を、一気にサマノスケに引き継ぐ事ができたのだ。
これは偶然でもなければ気付かなかったと思う。
おかげで攻撃力の高さで気に入っている斧を一気に強化できた。

ギルデンスタンはなかなか強かったが、これも運良く一度も死なずに倒すことができた。
鬼武者変化を使うタイミングが良かったのだと思う。

さて、次の攻略ステージとなる「モン・サン・ミシェル」、何が待ちかまえているのやら・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.12

「モンスターハンター」:上手に焼けました~

朝、出社前に「モンスターハンター」を購入し、帰宅後すぐにやってみた。

てっきりHDDへのインストールからかなぁと思っていたら、「バイオハザード・アウトブレイク」と同じく、普通にROMからでした。

MH_w_black.gif

で、先ずはオフラインで、ランク1のクエストを一通りやって、感覚をつかんだところでオンラインへ。
「バイオハザード・アウトブレイク」の時のフレンドリストがそのまま生きててちょっと感激。
その時のフレンドが一人既にログイン中だったが、行き違いだったみたいで合流はできず;;

続きを読む "「モンスターハンター」:上手に焼けました~"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.11

「鬼武者3」 プレイ6日目

サマノスケとジャック、二人の連携による海底神殿での探索から、先ずはジャックが幻魔列車で脱出したところまで。

いやぁ、この海底神殿のステージは長かった。
謎解きや仕掛けも複数あったけど、特に行き詰ったところは無かった。

ただ、サマノスケが通る通路のガラスが割れて水が入り込んでくるシーンで、その水より先に扉まで走り抜けなければならないところで2回ほど死んだ。
扉にたどり着く直前に画面が切り替わるのだが、その瞬間に走る方向が変わってしまうため間に合わないのである。
結局画面が切り替わっても、レバーの向きを変えてはいけないワケだが、わかってはいても微妙に動いてしまう。
そこで、ジョイスティックでの操作をやめて、十字キーで操作し、3回目でなんとかクリア。

そういえば、途中で拾った書物「神殿の書」の内容が面白かった。
鬼族が幻魔の攻勢を凌ぐためにこの海底神殿がを建造したといういきさつが書かれていたワケだが、その中に浦島太郎がこの海底神殿に訪れ、神殿の存在を誰にも知られないように「時のねじれ」を通して帰した、という記述が含まれていた。
なかなか面白い設定だなと感心した。

さて、ゲーム全体のどのあたりまで来たんだろう。
いずれにしろまだ当分はプレイが続きそうである。

oni03.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.09

僕がFF11を止め"ない"理由 ~(FF11について想う・・・ その2) 

「FF11」は、Gaiにとっては、他のゲームと違ってなかなか語れないゲームというか、触れにくいゲームなのである。
その理由はこのブログの中でおいおい語っていくことになると思うけど、とにかく今はまだ多くは語れない、なんとも歯がゆいテーマなのだ。

しかし今日、ALXさんが「ALXBLOG・徒然」で書かれた「僕がRagnarok Onlineを止める理由」を読ませてもらって、「FF11について想う・・・」 その2 を書く気になった。

sq5.jpg
Copyright (C) 2004 SQUARE CO.,LTD. All Rights Reserved

そこに書かれている内容は、ゲームこそ違えど、GaiにとってのFF11における現状と、とても似通っている。

続きを読む "僕がFF11を止め"ない"理由 ~(FF11について想う・・・ その2) "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

XBOX「ブレイクダウン」の感想

数日前にXBOXの「ブレイクダウン」をクリアした。
なかなか一つのゲームを最後までプレイできないGaiにとっては、久々にエンディングまでプレイしたゲームだった。

もし購入を迷っている人がいるならば、是非プレイしてみることをオススメする。
ちょっと他には無いタイプのゲームである点は間違いないと思う。

breakedown.jpg

最大の特徴は全編通して一人称視点であるという点。つまりキャラの視点である。
この独特な視点でのプレイは、なかなかその醍醐味を口や文章で伝えにくい。
おそらくFPSを好んでプレイする人にとってはどうということはないのかもしれないが、Gaiはその経験がほとんどないので、とにかく新鮮に感じた。
他ではなかなか味わえない種類の緊張感だった。

続きを読む "XBOX「ブレイクダウン」の感想"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.03.08

マイクロソフト、「トゥルーファンタジー ライブオンライン」の発売を今冬に延期

マイクロソフト、「トゥルーファンタジー ライブオンライン」の発売を今冬に延期

ショックでした。
それ以上にショックだったのが、ムシクンさんと同様、βテストに落ちたこと(>_<)

夏前にはベータテストでプレイできると思ってたのに・・・
この分だと実際にプレイできるのは年末から来年にかけてでしょうかねぇ。

ボイスチャットは「PSO 1&2」で経験済みですが、MMOであれが使えたら、かなりゲームの世界って変わるんじゃないかなぁと期待しているし、販売台数が伸び悩んでいるXBOXの救世主ともなりうると思うので、レベル5さんには頑張ってもらいたいです。

あ、kazetaniさんのいうとおり、これもある意味「救世主」だったワケですが^^; 

ええ、もちろんGaiも萌えましたとも! 友人からは不興を買いましたが・・・(汗)

tflo.jpg

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「鬼武者3」 プレイ5日目

サマノスケでノートルダム寺院に入ったところから、海底神殿にたどりつき、転送装置らしきものが使えるようになったところまで。

4体の女神像の闇を吸い取る謎解きで、その順番があるのを気づかずにちょっと手間取った以外は、特に危なげなく進めることができた。

前回のジャックの終わり方からすると、彼は500年前のこの海底神殿にいるという状況と思える。
おそらくこの後は、この転送装置を利用して、二人の連携プレイで話を進めていくのだろう。
なかなかよく考えたなという感じ。

いよいよここからが、前振りが終わって本番といったところか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「KNIGHT ONLINE」はこの先化けそうな予感・・・

最近、少しハマりはじめてるオンラインゲームが現在、オープンベータテスト中の「KNIGHT ONLINE

もともとクローズドベータの時に少しやってて、LV10くらいまでになったところで中断していた状態だった。
ところが最近、たまたま郷里の弟が、何かオンラインゲームをやってみたいと言い出した。
但し、無料であることが条件^^;

彼はPS2は持ってなくて、かなりロースペックなPCしか手元に無い状況。
一応旬である「リネージュ2」を薦めてみたが、予想通り彼のPCではスペック不足で動かない。

で、試しに「KNIGHT ONLINE」を薦めてみた。
それからしばらくして、そんなことも全く忘れてしまっていた数日前のこと、突然彼が身近な友人とすっかりその「NIGHT ONLINE」にハマっているというのである。

で、紹介した身としては少しは一緒にプレイしてあげないとなぁという感じで久々にプレイしてみようとしたら、クライアントソフトはバージョンアップしているし、サーバーも増えていて、自分が作ったLV10のキャラは、彼らとは違うサーバーにある状況。

で、仕方なく新サーバーの方に新たにキャラを作成してログイン。
彼ら二人が前衛職だというので、敢えて回復系魔導師で作成してみた。

クローズドベータの時から、なかなか楽しめそうなゲームだなとは感じていたが、実際に本腰を入れてプレイしてみると、ベータテスト中であるにも関わらず、なかなかしっかりした作りのゲームであることを改めて実感。
その夜一気にLV15まで上げてしまった。

今夜も3人でPTプレイをし、無事にまた1レベル上がり、プーリストとして使えるスキルも増えた。
この先が楽しみなゲームである。

knight.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「モンスターハンター」に期待・・・

ちょっと期待しているオンラインゲームがある。
3/11発売のPS2用ゲーム「モンスターハンター

そしたら、ムシクンさんという方が、体験記やら情報やらを色々アップしてくれているブログを発見。
ますます楽しみなのである。

mh_s.jpg


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.03.07

鉄騎大戦用コックピット

040307_1845.jpg 「鉄騎大戦用コックピット」に関する記事が「週間アスキー」に掲載されていた。やってみたいゲームの一つなんだけど、とにかくウチは部屋が狭くて、あの専用コントローラー自体を置くことができそうもなくて、未だ購入していない状況なのに、こんなの絶対置けないヽ(;´д`)ノ ・・・でもコレでやってみたいなぁ・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「FF11について想う・・・」 その1

さて、いずれは触れなければと思いながら、なかなか何をどう書いていいかわからない「FF11」である。
でもいつまでもお預けにしていても仕方ないので、とにかくサラッと書いてみる。

ちなみにGaiは「FF11」をベータテストのスタート時からプレイしている。
その中で知り合った人々との交流の場として、ホームページも運営している。

元来、一つのゲームに執着できないGaiとしては、まさに異例の状況である。

いろいろ注文や不満もあるが、とにかくすごいゲームであるという事は言える。

様々なネットゲームをプレイしてみて、少なくともチャットにおける操作性という面において、FF11以上のMMOを個人的に未だ見つけられない。
(唯一、MMOではないが「ファンタシースターオンライン」のチャットの操作性は秀逸と感じた)

他プレイヤーとの交流を目的としたネットゲームにおいて、このチャットが不便と感じるゲームは、やはり長くプレイを続けていけない。

そして、もう一つ重要なのは「簡単な操作と奥深い戦略性」ではないかとも思う。

その点においても、FF11はなかなか良く考えられていると思う。

ただ、やはり色々な面におけるバランスが・・・

恐らくまだまだ試行錯誤が続いていくのだろうけど、長く運営されているからこそなのか、経験者と初心者、低レベルと高レベル、各ジョブごとの・・・といった様々なバランスが問題になってくる。
なんというかこう、歯がゆい事が多いのである。

しかし、とにかくGaiにとっては、得たものも多く、大きな影響を受けたゲームである事は確かである。
(・・・つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.06

「鬼武者3」 プレイ4日目

ジャックを操作しての「堺の町」~「南蛮船」を経て、キャラがサマノスケに移ったところまで。

途中、中ボスの本多平八郎に1度だけ敗れるものの、それ以外は危なげなく順調に進めることができた。
修練も、サマノスケ側は「溜め切り・上級」がクリアできなかったが、ジャックの方で追加された「鬼縛り」はストレートで上級までクリアできた。

しかしそれにしてもワザが豊富で、使い分けというかそれぞれの使いどころがイマイチよくわからないな。
まぁそもそも、まだ狙って出せる事より、たまたま偶然出てしまう事の方が多いというのはナイショ。
やっぱりヘッポコなのでした。

oni05.JPG

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.05

「鬼武者3」 感想その2

おまけDVDを見て、オープニングムービーを見て、いよいよキャラクターの操作になって、一番最初に感じたというか驚いたのは「ジャンプが無い!?」という事だった。

これってこのシリーズを通してそうなのかな?

こういうタイプのアクションゲームでジャンプが無いなんて初めての経験だったから、ちょっと衝撃だった。

買う前に「バッサリ感」が強調されているのを何かで見て、なんとなく「無双シリーズ」のようなものをイメージしていたせいもあるかもしれない。

もちろんアクションも含めてゲーム自体は面白い。
でもなんというか、まだ始めたばかりで、きっとこれから色々なワザとか覚えていくんだろうし、そうなればまた少し違ってくるのかもしれないけど、なんとなく微妙にストレスを感じるのである。

しかしゲームのステージはしっかり上下差がある。
そう考えるとジャンプという概念が無い中で上下差のあるステージでのプレイを演出しているワケだから、そういう意味ではスゴイのかもしれない。
というかジャンプが無いから様々な演出が成り立つという面もあるのか。

なにはともあれ「ジャンプが無い」は、ゲーム序盤で受けた最初の衝撃であったことは間違いない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「鬼武者3」 プレイ3日目

サマノスケが地下道に入ったところから、地上に出てジャックの息子に会い、操作キャラがジャックに移ったところで本日は終了。

地下道部分における謎解きなどは、ヘッポコなGaiでも、それほど苦労なく解くことができた。
道筋もほぼ一本道でわかりやすかった。

で、途中でセーブしようとした際に「修練」に「溜め切り」が追加されているのに気づき、これに挑戦。

実はこの修練、初めてプレイした時は、やり方がよくわからなくて、延々と敵を殺し続けてしまった。
敵に指定の方法でダメージ与えた際に敵から発生する赤い玉のようなものを、指定された数だけ集めるミニゲームのようになっているわけだけど、この発生した玉の取り方がわからなかった。
なんと実は×ボタンの長押しによってそれを取れるということを知るまでに随分時間がかかったというヘッポコぶり^^;

でもまぁそれに気づいてからは、その際にプレイできた3つの修練は、初級・中級・上級ともたて続けにクリア。
けっこうやるじゃん、Gai ^^

ところが今回追加された「溜め切り」の上級はそうはいかなかった。
ガードを交えながらなんとかダメージ与えて赤球を発生させることはできるんだけど、敵の攻撃が激しくて×ボタンの長押しなんてしていられる余裕はなく、どうしてもせいぜい12~13個程度しか集め切れない。
これを20個も集めろなんて・・・
つかやっぱりヘッポコにはムリっす;;
なんかコツがあるのなら、誰か教えて~ TT

oni01.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「鬼武者3」のおまけDVD

「鬼武者3」を購入したら「おまけのDVD」が付いてきた。

実はそういうのが付くのを知らずに購入して、帰宅して袋を開けたら一緒に入っていた、という状況。

内容のメインは「メイキング」。まるで普通の映画のDVDの特典ディスクといったところ。

確か以前「クロックタワー3」を購入した時も同じようにメイキングDVDが付いてきて、楽しめたと同時に、ゲームもこういう時代になったんだなぁと何となく感慨深い思いをしたけれど、今回、またその思いを新たにした気がした。

もちろん映画とゲームのタイアップは既にたくさんある。
「バイオハザード」「トゥームレイダー」「マトリックス」「ロード・オブ・ザ・リング」・・・
アニメに至っては、売れ筋アニメの大半がゲーム化もされているといっても過言ではないと思う。

しかしそれらはお互いがお互いを宣伝材料として利用しあうというか、少なくとも今回の映画人が純粋にゲーム製作に関わるアプローチとは、根本的にその質を異にするように思える。
もちろん有名監督や有名俳優の起用そのものは「売る」為の要素という側面も大きいとは思うが、それだけではない何かを感じる。

ゲームの目指すもの、ゲームに求められるもの、という点ではきっと賛否両論、色々あると思うけど、方向性の一つとしてはアリかなとは思う。

ただ、ゲームの作り手たちが打ち上げの飲み会をやっている様子が収められているんだけど、あれはちょっと意表をつかれた。
いや、もちろん楽しめた、というかそれなりに面白いとは感じた。

これもまた「ゲームもこういう時代になったんだなぁ」の一つか・・・

ご覧になったみなさんはどう感じましたか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.03.04

「鬼武者3」 感想その1

金城武とジャン・レノの絡みの部分は、ゲーム的にはよく考えたなぁという印象。
単に入れ替わるだけでなく、ジャン・レノが来てしまった戦国時代に別の(その時代の?)金城武がいるという設定が面白い。
あと、カラス天狗が両時代を行ったり来たりすることによって話の繋がりを作っていくという設定も。

でも、なぜ金城武だけが両時代にいるのかな?
あと、そもそもなぜストーリー的に「現代のフランスなの?」という点も疑問。
まぁこれらはこの後判明していくのかもしれないけど。

ジャン・レノの起用が先に決まっていたから「フランス」なのか、「フランス」という設定が決まっていたからジャン・レノが起用されたのか、そのあたりも知りたいなぁ。
知っている人がいたら是非教えて~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「鬼武者3」 プレイ2日目

「鬼武者3」のプレイ2日目である。
先日は、金城武(サマノスケ?)最初の中ボス戦(ロボットみたいなヤツ)に数回殺されたところで終了。
今日はそこを何とかクリアして、ついにジャン・レノ(ジャック?)でのプレイ。
ムチですか・・・。

そのムチで敵やモノを掴んで別の敵に投げつけたりできるワケなんですが、その方向をコントロールしきれないところにGaiのヘッポコぶりが発揮されてますヽ(;´д`)ノ

順調に進んでいたけど何やら大きな門まで来たところで、開けるにはカギが必要とのこと。しかしそのカギが見つからず小一時間・・・
かな~り戻ったところでようやく発見。つか、カギのある場所、門から離れすぎヽ(`д´)ノ

で、ジャン・レノ最初の中ボス戦で何度か殺されたもののどうにかクリアして、再び操作キャラが金城武に戻ったところで本日は終了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2004年4月 »