« マイクロソフト、「トゥルーファンタジー ライブオンライン」の発売を今冬に延期 | トップページ | 僕がFF11を止め"ない"理由 ~(FF11について想う・・・ その2)  »

2004.03.09

XBOX「ブレイクダウン」の感想

数日前にXBOXの「ブレイクダウン」をクリアした。
なかなか一つのゲームを最後までプレイできないGaiにとっては、久々にエンディングまでプレイしたゲームだった。

もし購入を迷っている人がいるならば、是非プレイしてみることをオススメする。
ちょっと他には無いタイプのゲームである点は間違いないと思う。

breakedown.jpg

最大の特徴は全編通して一人称視点であるという点。つまりキャラの視点である。
この独特な視点でのプレイは、なかなかその醍醐味を口や文章で伝えにくい。
おそらくFPSを好んでプレイする人にとってはどうということはないのかもしれないが、Gaiはその経験がほとんどないので、とにかく新鮮に感じた。
他ではなかなか味わえない種類の緊張感だった。

ただ、一人称視点であるからといってFPSをイメージしたら裏切られると思う。
もちろん銃火器を用いた戦闘もあるが、それは前半のみで、中盤以降はもうほとんど格闘ゲームである。
あと、3D酔いに弱い方にもちょっとオススメできない。
とにかくグルングルンの世界である。

プレイを断念しそうになった難所は2箇所あった。
全体を通して、「ちょっとコレはないだろう」という気にさせる謎解きというかいやらしめのクリア条件が随所に存在するのだが、その中でも特に、キツイ箇所が1箇所あった。
それは、自分の真後ろにくっついてくる赤い玉のようなものを、打撃で破壊しなければならなかった場面である。
いまだにあれがそもそも何だったのかも理解できないが、一人称視点であるが故に真後ろにある物は見えにくい事、見つけても、自分が一定時間高速化する特殊ワザを発動しないと攻撃できないこと、そしてその攻撃もかなりの数を当てないと破壊できない・・・といった複数要素を満たさなければならなかった。
しかもそれらについて何のヒントも用意されていなかったのだ。(単に見逃したのかな?)
Gaiのようなヘッポコがクリアできたのは、まさに奇跡に近い。

そしてもう一箇所はジャンプが延々と続く箇所。
これも一人称視点であるが故なのだが、とにかくジャンプが難しい。
ちょうど、子供の頃運動会で使った、先っぽに小さな穴が空いている漏斗状の筒で顔を覆って、池の飛び石をジャンプしながら渡るところをイメージして欲しい。
つまり視界が限られ足元が見えない状態であるため、距離感が掴めないのである。
それでも中盤までは、キャラがたいしたジャンプ力も無いため、常に最大距離となるジャンプを繰り返していればよかったので、すぐにある程度は感覚が掴めた。

ところが中盤以降、キャラが覚醒してジャンプ力が飛躍的に向上してからが悲惨だった。
このジャンプの距離や高さが微妙なボタン操作や助走の有無で大きく変わってしまい、もう、失敗の連続である。
しかも、クリアしてもクリアしても、そのジャンプのみで進んでいかなければならない状況が延々と続くのである。
更に進むたびに、着地の瞬間に飛び石が崩れたり、一定時間で消えてしまったり、障害物が飛んできたりといった、その他の悪条件がどんどん積み重なっていく。

それでも何とかクリアできたのは、細かくリプレイポイントが設定されていて、すぐにやりなおしが可能であったおかげである。

あと、ストーリー設定が複雑というか難解というか、Gaiには結局何が何だったのかよく理解できないままエンディングを迎えてしまった。
あまり書いてしまうとネタバレになってしまうので、詳しくは書かないけど、結局はっきりとした説明はされないまま、物語があれよあれよと展開していく感じであった。
しかしだからこそ、自らがその状況に置かれている雰囲気を味わえるゲームであるというのも言えるのだろう。

まぁ経緯という点では理解できなかった部分も多いが、少なくともエンディングはすっきりしていてすがすがしい。

欠点というか難点ばかりをつづってきたが、それでもあの一人称視点で展開される独特の絵作りや、キャラクターたちのリアルな動きは一見の価値があり、間違いなくオススメのゲームの一本である。

|

« マイクロソフト、「トゥルーファンタジー ライブオンライン」の発売を今冬に延期 | トップページ | 僕がFF11を止め"ない"理由 ~(FF11について想う・・・ その2)  »

コメント

カタログのジャンルには「アクションアドベンチャー」とあったので、どんなもんかなーと思っていたのだ。(HALOとの比較があるともっと良かったなーなのだ。)
Gai さんの感想からこのゲームをイメージすると、、、「一人称視点」につきるようなのだ。
「3D酔いに弱い方にもちょっとオススメできない」とあったので、私は遠慮しておきますなのだ。

投稿: はんぎょどん | 2004.03.09 11:12 午後

はんぎょどんさん、どもです^^

3D酔い、ダメですかぁ、残念・・・

そうそう、Gaiも最初、HALOをイメージしたのだ。
確かにシューティングがメインとなる前半はかなり近いです。
自動的に近くの敵に狙いをつけてくれるから、ぜんぜん簡単で物足りないくらいだけど^^;

あと、途中でジープを運転するシーンが2回ほどあるんだけど、あのあたりはほとんどHALO気分。

でも後半はとにかく格闘とジャンプオンリーなのでHALO的な要素はほとんど無いです。
Gaiは十分楽しめたんですけどね。

それにしてもHALO2 発売延期・・・悲しいです。
早く完成させて!

投稿: Gai | 2004.03.10 03:19 午前

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2647/278977

この記事へのトラックバック一覧です: XBOX「ブレイクダウン」の感想:

« マイクロソフト、「トゥルーファンタジー ライブオンライン」の発売を今冬に延期 | トップページ | 僕がFF11を止め"ない"理由 ~(FF11について想う・・・ その2)  »