« 全てが櫂との時でした ~今週の「オレンジデイズ」 | トップページ | 8月発売の「PlayStation 2 the Best」 »

2004.06.22

最初の惨劇 ~「SILENT HILL4 THE ROOM」

(ネタバレプレイ日記ですので、これからプレイされる方はご注意下さい。)

前回は、初めて出会ったNPC「シンシア」を女子トイレで見失い、自室に戻ったところまでだった。

プレイ2日目となる今夜は、その自室のベッドルームを出て居間に向かうところから。
キッチンのそばにある棚が動いた状態になっているのを発見。写真立ても倒れている。

調べて棚を動かしてみると、そこにはピストルと、壁に刻まれた意味不明のメッセージ
更に小さな穴も空いていて隣室のアイリーンの部屋が覗けた。

game06.jpg

なんだかホウキを探している様子。
それを見つけて視界から消えた。

 
その直後に寝室から電話が鳴る音
出てみると相手はシンシアだった。
早く助けに来いとか言ってる。

取りあえず浴室から異世界に戻ろうとしてベッドルームを出たところ、何やら玄関から音がする。
覗き穴から覗いてみると隣室のアイリーンが、さっき見つけたホウキで廊下を掃いていた。
でもそれだけで、特に展開は無いようなので、再び浴室から大穴を抜けて異世界の方へ行ってみる。

出たところは入ってきた時と同じ女子トイレ。
しかし、ここから出る時には無かったマネキンが便座に腰掛けていて、調べると「リンチストリートのコイン」というのを入手した。

s_12.jpg

女子トイレを出ると、前回共食いしていた犬のクリーチャー2匹がうろうろしている。
ここで初めて戦闘を経験した。
そしてはむこさんが「戦闘がツライ」と言っていた意味を身をもって理解した。
視点、距離感、ターゲット移動のいずれも、思うようにスムーズにはいかないのだ。
結局ただ武器を振り回すだけという状況が多くなり、無駄な空振りが多発することになる。

game09_2.jpg

まぁそれでもここはほぼノーダメージで2匹の犬を撃退。

先ほど入手した「リンチストリートのコイン」を使用して改札を抜け、ホームへと続く階段を下りようとすると、噂に聞いていたゴーストの出現。

コイツは攻撃しても死なないと聞いていたので、無視してさっさと逃げる。
が、けっこうしつこく追ってくる。
自分の進むべき道がわかっていないとすぐに追いつかれたり、道をふさがれたりしてしまう。
ここでも視点移動の自由が利かない点が災いしている。
画面が切り替わった瞬間、真正面にゴーストがいてダメージ、という状況も頻発するのだ。

ホームに下りてからは、そのゴーストの数が増し、どこで何をすればいいのか、探索をしている余裕も無く右往左往。
降りたすぐそばの車両の扉の向こうにシンシアがいるのだが、その扉は開かない。

どうにか先頭車両なのか最後尾なのかわからないが、端の車両の運転席というか車掌室というか、そんな場所で扉を開放することができた。

早速外に出てシンシアと合流。
しかしここから先も、どこをどう進んでいいのかよくわからない。
相変わらず多数のゴーストがまつわりついて、なかなか進むべき正しい道筋を見つけられない。
とてもいやらしいマップだ。

結局、最初にシンシアのいた列車と、平行して止まっている列車を行ったり来たりしながら、最初に降りたホームとは反対側のホームに抜け、そこから別エリアへと抜ける。
しかしここでシンシアと再びはぐれる結果となった。

ここまでの間に、列車の中では「おもちゃ箱」というのを発見したが、これはカギがかかっていて開かなかった。
しかし「9番アイアン」と、「ピストルの弾12発」をゲット。

移動先のエリアは小部屋のようになっていて、自室に戻るための大穴と、下のフロアへと続くらしきハシゴがあった。

取りあえず一旦自室に戻り、アイテム整理をしてセーブ。

再び小部屋に戻り、ハシゴから新しいエリアへと進む。
そこは、先ほどの地下鉄とは別の「キリングストリートライン」という地下鉄らしい。
ホームに出るとシンシアの切迫した声が構内放送で流れる。
何かに襲われそうになっている様子。

襲ってくる犬などを撃退しながら、上りエスカレーターに乗る。
ここが今夜最大の難関となった。
逃げ場の無い状態の中、壁からは次々と敵がわき出してくる。
距離感とターゲット移動が思うようにいかない不自由さから、連続的にダメージを受け、こちらのHPが削られていく。
しかもこのエスカレーター、異常に長い。
ここまで来る間に見つけた、1本しか無い貴重な栄養ドリンクでなんとか回復して、どうにかこのエスカレーターをクリア。

たどり着いた先は、「キリングストリートラインの改札」だった。
しかし外に出ることは出来なさそう。
床にはシンシアのハンドバックの中身らしきものが散乱している。
そばに駅陰湿らしき部屋の扉があって、それを調べると「誘惑の銘板」というのを入手。

更に扉を開けて中に入ると、ムービーになり、そこには血だらけのシンシアが横たわっていた。
既に虫の息で「これは夢よね」とか言っている。

game02.jpg

そしてがっくりとくず折れた。
BGMとして流れた音楽がなかなかイイ感じ。
胸には不可解な数字が刻まれている。

駅員室の中のムービーが終ると同時に、自室に戻ったらしきムービーが続き、外からサイレンの音が聞こえる。
窓の外では、通りにある地下鉄への入り口付近に救急車が止まり、警官たちが何やら調べている様子。

game03.jpg

どうやらこれで地下鉄の異世界はクリアのようだ。
居間に移動してセーブをし、本日はここまでとする。

ここまでの印象としては、やはり1作目、2作目には遠く及ばないなという感じ。
あのプレイヤーを突き放したような不条理や世界観はあまり感じられない。

どちらかというとバイオハザードをはじめとする、最近のホラーアクションゲームに近いイメージだが、そうなるとアクションゲームとしては今ひとつという感じがする。

いずれにせよ敵との戦闘は、この先更に苦労しそうだ。

|

« 全てが櫂との時でした ~今週の「オレンジデイズ」 | トップページ | 8月発売の「PlayStation 2 the Best」 »

コメント

HM-Labo辺境観測所のhiro-pです。
こちらのほうは消滅してしまうので
場違いだとは思いますが
ここにコメントという形でお返事させていただきます。

温かいお言葉ありがとうございました。
心から感謝します。
また何かのご縁がありましたらよろしくお願いします。
それでは失礼します。

投稿: hiro-p | 2004.06.22 07:21 午後

hiro-pさん、わざわざコメントをありがとうございました。

終了はとても残念ですが、また機会があればココも時々覗いて下さい。

本当にお疲れ様でした。

投稿: Gai | 2004.06.22 07:39 午後

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2647/816061

この記事へのトラックバック一覧です: 最初の惨劇 ~「SILENT HILL4 THE ROOM」:

« 全てが櫂との時でした ~今週の「オレンジデイズ」 | トップページ | 8月発売の「PlayStation 2 the Best」 »