« DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー (1日目) | トップページ | お役に立てれば幸いです ~ゼノサーガⅡ特典DVD »

2004.07.17

世界の中心で、愛をさけぶ (第三回)

毎回の如く、緒方直人のナレーションで一気にこの話の世界に引き戻される。

今回のオープニングはとくに老いた両親とのやり取りが切ない。
私、あの子がずーっと一人だと思ってたから・・・
お母さんの声に詰まったセリフが17年間の重さを感じさせる。

sekai3-3.JPG

それにしても、わずか三話で仲代達矢さんを見納めになるとは・・・
しかしたった二話で物語に強烈な影響を与えていることを考えると、脚本の見事さ、仲代さんの演技の素晴らしさを改めて感じさせられる。

 
祖父の死が、単に朔や亜紀に及ぼした影響だけでなく、父や母に与えた影響もしっかり描いているところにも脚本の良さに唸らされる。
写真屋を継ぐ決意をする父、「お金が無い」と愚痴りながらもそれを認める母、二人の演技にも魅入らされた。

sekai3-4.JPG

そんな祖父の骨と、祖父が愛した女性の骨を撒く場所を求めてさすらう朔。
その重さから亜紀にウソをついてしまい、その結果、雨の中、夜の学校で骨を捜す亜紀。
雨に塗れ、汚れた亜紀と駆けつけた朔のやり取りは、ドラマではありがちなシーンなのに、やはりジーンときてしまった。

sekai3-5.JPG

夏之日
冬之夜
百歳之後
蹄千其居

夏の長き日
冬の長き夜
君はここに眠っている
百歳の後
私もいずれは君の元で眠ろう
やすらかにその日を待ちたまえ

祖父の思いを受け、骨を撒くことを決めた場所は廃線になった駅。
意外だったが、だからこそ見事だと思った。

sekai3-6.JPG

sekai3-7.JPG

そしてその後に語られる朔と祖父の「約束」に胸が詰まる。

ペダルが軽かった
その軽さに思い出していた
僕の後ろにはいつも・・・

在りし日の祖父の姿はどれも優しく、暖かく、力強い。
だから一層涙を誘う。

sekai3-9.JPG

おじいちゃん、これからは僕がどこでも連れてってあげるね
おじいちゃんのこと、ずーっと乗せて上げるよ
・・・と朔は約束してくれた

他の誰でもなく、なぜ朔だったのか、ここに見事に結実しているのに圧倒された。

ずっと泣けなかった朔が泣き崩れ、その時の手を広げる亜紀の姿は本当に眩しく見えた。

sekai3-8.JPG

世界で一番美しいものを見た
世界で一番美しい音を聞いた
世界っていうのは 抱きしめてくれる人のことで
その腕の中はあったかくて
おじいちゃん
好きな人を亡くすのは だから辛いんだよ

桜井幸子に抱かれて泣く緒方直人の「僕は行く、もう一度この音の高鳴る世界へ」というセリフに、ほんとに乗り越えて強く生きてほしいと、素直に、そして切実に感じた。

sekai3-10.JPG

しかしそんな願いとは裏腹に、教室で鼻血を出す亜紀のラストシーン。

sekai3-2.bmp

亜紀の思いをそのまま表したような柴咲コウの主題歌が追い討ちをかけ、この先冷静に見られるのかますます自信がなくなってくる。
たった三話でもう勘弁してくれという状態なのだ・・・

|

« DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー (1日目) | トップページ | お役に立てれば幸いです ~ゼノサーガⅡ特典DVD »

コメント

ども。
>たった三話でもう勘弁してくれという状態なのだ・・・

ほんと、実感そのものなのだ。
いっしょに観ているカミサンは、CMが入るたびに
「フー・・・」
っとため息を出して、
「のめり込み過ぎるのかなー」
って独り言をもらしていたのだ。

おじいさん、いいですねー。
朔は、知らぬ間に「おじいさんと同じ運命」をたどってしまうなんて・・・
次回も泣いちゃうんだろうな・・・

投稿: はんぎょどん | 2004.07.17 07:51 午前

CMが入るたびに「フー・・・」
Gaiも全く同様なので良くわかります。

仲代達也さんのおじいさん、もう見れないのは残念ですね。

来週はまた緒方直人と松下由樹のやり取りが大変なことになりそうな様子・・・
泣かされそうですTT

投稿: Gai | 2004.07.17 03:05 午後

コメントどうもでした。

原作とも、劇場版とも違う展開で毎回ドキドキですよ
まさか重じいがこんなところで亡くなってしまうとは思いませんでしたが

原作では語られないので分かりませんが、
劇場版では重じいは生きてるし

きっと色んなところでベタベタだとかありがちな展開とか
叩かれてるんだろうけど
個人的には全然OKです

でもこれじゃサクは親しい人、愛しい人を亡くしてしまう事になるんですね
なんかツライ・・・

また次回も楽しみです

投稿: マツ | 2004.07.18 06:14 午後

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2647/988567

この記事へのトラックバック一覧です: 世界の中心で、愛をさけぶ (第三回):

» 世界の中心で、愛をさけぶ - #03 [Rain or Shine]
ドラマの方は話の筋が原作とも映画とも違うわけでして 毎回、新鮮なドキドキと共に観 [続きを読む]

受信: 2004.07.18 03:18 午前

« DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー (1日目) | トップページ | お役に立てれば幸いです ~ゼノサーガⅡ特典DVD »