« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »

2004.08.30

謝謝 ^^/ 10万アクセス!

本日、おかげさまで無事に10万アクセスを達成しました!

ご訪問下さっている皆様、コメントして下さった方々、トラックバックして下さったブロガーの皆さん、本当にありがとうございました。

Blogを立ち上げて初投稿したのが今年の3/4ですので、約半年で10万アクセスという感じです。

これまで、時々耳にするコメントスパムとか、困った書き込みとかもなく、シアワセ者だと感じております。

ご覧の通り大した内容の記事は書けませんが、引き続きゲームを中心に、色々な記事をエントリーしていきますので、「Heppoko Gamer's Gai」を今後ともヨロシクお願いします m(_ _)m

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004.08.28

世界の中心で、愛をさけぶ (第九回)

朔ちゃん
キスでも
キスでも しませんか?

sekai9_16.JPG

もうこのレビューは書けないと思った。
あまりにも、
あまりにも悲しすぎる。

髪の無くなった亜紀が、点滴の支柱にしがみ付き、涙を必死にこらえながら笑顔で朔に語りかけるその姿とセリフに、涙が止まらなくなってしまった。

そこまでの話の展開や、感じた事など全て吹き飛んでしまって、だからレビューも書けないと思ってしまったのだ。
それでもいいと思った。
今回は、それだけ書いて終わりでもいいと。

でもきっと、きっと後で後悔すると思うので、頑張って第9話を振り返ってみようと思う。

続きを読む "世界の中心で、愛をさけぶ (第九回)"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004.08.26

病院、そして二度目の地下鉄 ~「SILENT HILL4 THE ROOM」

(ネタバレプレイ日記ですので、これからプレイされる方はご注意下さい。)

前回はアパートの世界を探索の末、アイリーンを発見。
しかしその直後にアイリーンは絶命?

sh7_06.JPG

現実世界の自室のベッドで目覚めると、隣の部屋のアイリーンを乗せたと思わしき救急車が走り去る。

更に、これまで手に入れた「銘板」と、玄関で見つかった「サキュバスの護符」によって、新たな異世界への入り口が開かれたところで前回のプレイを終えた。

プレイ7日目となる今回、その新たな入り口を抜けた先は「病院」のような場所。
これまでにも何度か登場したコートを着た男が、診療台に横たわる女性の腹部を開いて内臓を探っているようなムービーが始まり、主人公に気付いてこちらに向かってくる。
恐怖に駆られた主人公は慌ててその部屋を飛び出す。

ここから病院内の探索が始まった。

続きを読む "病院、そして二度目の地下鉄 ~「SILENT HILL4 THE ROOM」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.08.25

気になるスター・ウォーズ関連のあれこれ

Gaiはスター・ウォーズ好き。
なので、LDで旧3部作を持っているにも関わらず、9/23に発売される「スター・ウォーズ トリロジー DVD-BOX 」なんかも既に予約済みだったりするワケですが、ゲームに関してはなぜかこれまであまり買ったコトが無い。

PC版や家庭用ゲーム機向けを始め、結構色々出ていて、その都度興味を持ったりするんですけど、元々「洋ゲー」でかなり失敗している経験が邪魔してか、実際に購入してプレイするというまでには至りませんでした。

そんなGaiですが、ちょっと気になっているゲームが二つほど有ります。

先ず一つめは10/7発売予定の「スター・ウォーズ バトルフロント」。

swbf06.JPG

プレイステーション 2、Xbox、Windows用とマルチプラットフォームで出るようですが、最近Xbox用ソフトを殆どプレイしていないので、Xbox-Liveに対応したXbox版をプレイしてみようかなと検討中。

続きを読む "気になるスター・ウォーズ関連のあれこれ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

10月よりクローズドβ開始~「真・女神転生オンライン IMAGINE」

以前、このBlogでもちょっと紹介した「メガテン」シリーズ初のオンライン版となる「真・女神転生オンライン IMAGINE」が、いよいよ10月にクローズドβテストの開始を決定。

jackfrost.jpg

そしてそのクローズドβテストにあたってのテスター募集が9/1より行われるとのこと。

【募集期間】 2004年9月1日(水)15:00 ~2004年9月16日(木)
【テスト期間】 2004年10月予定 (※都合により、延長・短縮する場合があります。)
【実施目的】 各システムの検証・バランス調整・サーバ負荷率、設備の検証・調査など
【募集人数】 約2000名
(詳細は公式サイトにて要確認)

まだゲームを楽しむといったレベルまでできていない段階での純粋なテスター募集のようですが、テスト環境を満たしていて興味のある方は応募してみてはどうでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.08.21

世界の中心で、愛をさけぶ (第八回)

僕たちは失い続けた
分かち合える未来も 描ける夢も 当たり前だと思っていた幸せも
もう 何一つ残されていなかった
たった一つを除いては

広瀬亜紀が好きです
とても
とても

前回の「信じることは闘いだった」という意味を、今回の第8話を見て痛々しい程感じさせられた。

sekai8_03.JPG

修学旅行に行かないという朔に「いつか一緒に行こうよ、下見のつもりで写真一杯とってきてよ」と送り出す亜紀。

病院の玄関で手を振りながら別れる二人の姿がとても切ない。

続きを読む "世界の中心で、愛をさけぶ (第八回)"

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2004.08.20

THUNDERBIRDS ARE GO! ~映画「サンダーバード」

もっと早くに書くつもりだったのだけど、延ばし延ばしにして今日になってしまいました。
実写版「サンダーバード」、といっても元々「サンダーバード」も生身の人間が出ていなかったというだけで実写なんですけどね。

tb21.JPG

この映画は夏休み最終日だった8/14に見て来ました。
この夏見ることを決めていた唯一の映画で、夏休み初日に見に行ったら、その時間帯は吹き替え版しか上映していなくて、仕方なく「リディック」を見て帰ってきたという、Gaiにとっては曰く付きの映画^^;

先ずアメコミ風のアニメーションで始まったオープニングは鳥肌でした。
映画館の大音響であのテーマを聴くのは感動モノです。
そして、それに続くコンビナートの火災現場での救出劇も、往年のサンダーバードを彷彿とさせ、いやが応にも期待が高まります。

が、しかし期待に応えて貰えたのはここまで。
そこから先はもう国際救助隊でもなんでもなく、トレイシー一家版「スパイ・キッズ」ですね。

続きを読む "THUNDERBIRDS ARE GO! ~映画「サンダーバード」"

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2004.08.19

モモ深層領域、曙光、そして旧ミルチアへ~「ゼノサーガ EpisodeⅡ」

G2キャンペーンの他はムービーばかりで全く戦闘が無かった前回、シオンら一行はアルベドの仕掛けた罠のせいで昏睡状態に陥ったモモを救うため、彼女の深層領域へとダイブしたところでプレイを終えた。

その続きとなる今回は、プレイとしては通算4日目となる。

ep238s.jpg

ムービーによって展開されるストーリーはとても複雑で、色々それまでの謎も明かされていくのだが、わかったようなわからないような・・・

そして待ちに待った戦闘はキツイキツイ^^;

先ず、モモの深層領域というダンジョンは「」と「」の2度、攻略する必要があった。

続きを読む "モモ深層領域、曙光、そして旧ミルチアへ~「ゼノサーガ EpisodeⅡ」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3つの「愛」が仕掛けてくる~映画「LOVERS」

DVDを見て「チャン・ツィイー」が出演していたことを知り、公開時に劇場で見なかった事を後悔した映画「英雄(HERO)」。

監督のチャン・イーモウ、脚本リー・フェン、アクション監督のチン・シウトン、衣装デザイナーのワダエミら、その「英雄(HERO)」のスタッフが再結集して制作された映画『LOVERS』が間もなく公開される。

lovers01.jpg

世間では「金城武」の出演という部分で有名かもしれない。彼とアンディ・ラウ、そしてチャン・ツィイーというアジア3大スターの共演という点も話題だ。

今度こそチャン・ツィイーを劇場で見る!と、Gaiも大いに期待していたのだけど、どうもプレミアや試写会での評判を見てみると、不評の声が多い。

でもいいのだ!
とにかくチャン・ツィイーを銀幕で見られるのなら!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.08.18

DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー (3日目)

前回のプレイは「メリーベル」という組織の縄張りを攻略し、ボスのジナーナに認められた一行が、メリーベルと協力して対立組織の「ソリッド」を倒すことになったところまでだった。

dds11.JPG

そして今回は、その「メリーベル」が「ソリッド」に対して正面攻撃を仕掛けている間に、主人公たちが裏から進入してソリッドのボス、ミック・ザ・ニックを倒すという作戦。

前回の「メリーベルの縄張り」というダンジョンも迷路のように入り組んでいてなかなかやっかいなところではあったが、今回のダンジョンとなる「ソリッドのシタデル」は更に複雑で、全体の作りが把握できるまでにかなりの時間と苦労を要することになった。

続きを読む "DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー (3日目)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.08.17

これが宿命なら、戦うしかない~映画「リディック」

帰省を翌日に控えた夏休み初日の8月9日にこの映画を見ました。

riddick14.jpg

いや、元々全然見るつもりはなかったのだけど、友人と「サンダーバード」を見に出かけたところ、午後2時40分以前の回ではV6の吹き替え版しか上映していなくて呆然・・・
まぁせっかく出かけてきたのだし、ならばこれを見て帰ろうということになったのでした。

感想をひと言で言うなら「莫大な制作費と陳腐なストーリー」という印象。

巷の評価も大半はあまり評判が良くないようですが、まぁそれもわかるなという感じがします。
とはいえ、個人的にはSF大好きなので、そこそこ面白かったです。

続きを読む "これが宿命なら、戦うしかない~映画「リディック」"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2004.08.14

世界の中心で、愛をさけぶ (第七回)

亜紀と一緒に灰になったのは自分の心だった
そんな人間は生きているのか死んでいるのか・・・

海に入っていった朔太郎は、結局死にきることはできなかった。

生きていると思い知らされただけだった
最低だった

そんな朔太郎に亜紀の声が語りかける。

朔ちゃん
何かを失うことは何かを得ることだって、わかる?

僕は17年間でいったい何を得たんだろうか・・・

sekai7_04.JPG

こうして始まった第7話。
夏休みでこの4日間は帰省先の静岡にいた為、Blogの更新もまともにできなかったが、ちょうど帰省先から東京に戻ったタイミングがこの第7話の放送される時間だった。
そのおかげで、今回は始めてビデオではなくオン・エアで見る事ができた。
見終わった直後にこれを書いている。
文字を打ちながらパソコンの画面を見ている目は、涙が乾き始めたばかりだ。

続きを読む "世界の中心で、愛をさけぶ (第七回)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.08.10

アパートの世界 ~「SILENT HILL4 THE ROOM」

(ネタバレプレイ日記ですので、これからプレイされる方はご注意下さい。)

sh4_001.jpg

通算してプレイ6日目となる今回、いつもの通り浴室の穴を抜けるとそこは自分の住むアパートの廊下。
そしてアイリーンが住んでいる303号室をノックする男のムービーが流れるが、男はすぐにいなくなってしまった。

自分の部屋である302号室の前には、例の男の子が立っていたが、近づくとこの男の子も消えてしまった。
この302号室も、そしてアイリーンの部屋である303号室もカギが掛かっていて開かない。

続きを読む "アパートの世界 ~「SILENT HILL4 THE ROOM」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.08.07

世界の中心で、愛をさけぶ (第六回)

くだらないと言われようと
自分以外に誰が亜紀と一緒に時を止めてやるんだろう
亜紀は こんなくだらない男と巡り会う時間しか
許されなかったのだから・・・
未来が静かに暮れてゆく

オレ、何で生きてんのかな・・・亜紀

テープから聞こえる亜紀の声に涙する緒形直人のカットで始まった第六話。
目の前が涙でにじみ、胸が詰まるシーンがいくつあったかわからない。

sekai6_01.JPG

亜紀の両親と朔が、お互いの気持ちをぶつけあったひとつひとつの場面、大木たちの友情、教師の生徒に対する愛、朔を見守る父の愛、そして朔にだけ見せた亜紀の涙・・・
役者さんたちが皆、渾身の演技でそれぞれの生き様を優しく訴えかけてくる。

続きを読む "世界の中心で、愛をさけぶ (第六回)"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004.08.05

勇気と希望の空想冒険活劇~映画「スチームボーイ」

映画「スチームボーイ」を見てきました。
作画もストーリーも、一本のアニメとしては十分楽しめた映画でした。

sb08.jpg

が、しかし個人的には「大友克洋作品」「制作期間9年」「総制作費24億円」という前フリからイメージしていた期待を満足させてもらえるものでは無かったなというのが正直な印象です。

なんとなく「スタジオ・ジブリ」の作品を見せられた感じ。
大友さんが9年という歳月と24億というお金をかけて作らなくてもジブリがその3分の1で作れそう・・・。
唯一ジブリ的ではないところは、ヒロインキャラがわがままで生意気なところだけ^^;

続きを読む "勇気と希望の空想冒険活劇~映画「スチームボーイ」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.08.04

256KVアプリ「機動戦士ガンダム3D めぐりあい宇宙編」

すっごくどうでもいいコトなんですが、本日はGaiのバースデイでして、とりあえずHappy Birthday To Me!

(⌒▽⌒)/゜・:*【ネ兄】*:・゜\(⌒▽⌒)

まぁこの歳になってしまうと、ハッピーというワケでもないんですけどね^^;
とりあえず無事にまた一つ歳を重ねてしまいました。

で、そんな自分へのプレゼントはVodafoneケイタイ用Vアプリ「機動戦士ガンダム3D めぐりあい宇宙編

g01.gif

税込み月額512円也・・・
安っ!
つか、ショボっ!

ま、いいですよ。
そもそもケータイの機種交換で散財してますからね。

続きを読む "256KVアプリ「機動戦士ガンダム3D めぐりあい宇宙編」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.08.03

DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー (2日目)

プレイ初日の前回のラストでは、「アサインメンツ」のボスを倒し、アジトに戻ったところで「カルマ教会」からの招集を受けた。
そこで早速「教会」のある「サハスララ」へ向かった。

dds32.JPG

そこには既に他の4つのトライブのボスたちが招集に応じて集合していた。
そして「エンジェル」と名乗る「教会」のボスらしき存在が現れ、「悪魔」の概念を説明した後、新たな「掟」が告げられた。
引き続きトライブ同士で争い、ニルヴァーナを目指せという。
ただし「黒髪の少女を連れている者に限りニルヴァーナの道は開かれる」と改正された。
今後は全てのトライブが「セラ」を狙ってくるのであろう。

続きを読む "DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー (2日目)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »