« 世界の中心で、愛をさけぶ (第十回) | トップページ | 二度目の森 ~「SILENT HILL4 THE ROOM」 »

2004.09.07

エルザ、そしてオルムス機動要塞へ ~「ゼノサーガ EpisodeⅡ」

プレイ5日目。
前回は、「曙光」から宇宙船を奪って旧ミルチアへと向かったシオンとアレンが謎の敵に襲われたところを、自律機動したコスモスに救われ、「エルザ」に収容されたところで終了していた。

zeno001.jpg

船長に話しかけると、しばらく「エルザ」内を探索しろというので、一回りしてみる。
今回の「エルザ」はエピソード1の時の「エルザ」に比較してかなり狭く、1Fと地下フロアしかない。
ただ、船内ではG2キャンペーンが2つ発生した。
1つは「伝説のバーテンダー」で、レストランにいるドロイドが船長の好みのカクテルを作るのに協力してほしいというもの。
これは無事にクリアして「デコーダー14」をゲット。

 
もう一つは「船長の為なら!」というもので、どうやら不要なアイテムやアクセサリーを売って、そのお金で船長の借金を返すというもののようだが、返済すべき金額が1000万Gという途方もない金額。これは普通にプレイしていたのではとてもムリだと思うのだが・・・、何か特別な方法があるのだろうか?

取りあえず他には特に何も無いようなので、船長に話しかけていよいよ旧ミルチアに向けて出発。
ところが行く手に「オルムス機動要塞」が出現し、進路を阻まれてしまう。
突破は不可能ということで、要塞内に侵入して内側から爆破することになった。

zeno004.jpg

ここから「E.S.」というロボットを操作して進むパートとなった。
オープニングでチュートリアル的な操作はあったが、本格的に操作するのは初めてだ。
メニューを開いてみると「E.S]は3台。
1台につき2人のキャラが搭乗していて、それぞれ誰をパイロットにするかによって攻撃属性が変化するようだ。
そのうち戦闘に参加させられるのは2台で1台は控えになる。

zeno006.jpg

少しプレイしてみてわかったのだが、回復役を務められるのは3台のうちの1台、「E.S.ゼブルン」だけだった。
このことに気付けなかったのが後で大きな痛手となった。

要塞内はかなり複雑で、あちこちにパズル的要素の障害がいくつもあり、それを解きながら進んでいくという感じ。
よくもまぁ、こんな仕掛けを考えるなというくらい、その仕掛けがバラエティに富んでいる。

zeno007.jpg

序盤で遭遇するザコキャラは、こちらの「E.S.」のHPが高いおかげもあって、それほど苦労する場面はなかった。
しかしその後、最初のボス戦と思われる「バイラム」と「スキュータム」に遭遇。
それぞれリヒャルトヘルマンが搭乗しているようだ。

zeno009.jpg

zeno010.jpg

それまでは回復なんて必要なかったのだが、さすがにボスはHPが高く、またこちらが受けるダメージも大きいために回復ナシではもたない。
ところがキャラクターによる戦闘の時と違って、この、「E.S.」による戦闘は、戦闘中のメンバーチェンジができない。
アイテムによる回復もメニューには・・・無い!
回復が可能な「E.S.ゼブルン」は攻撃力が低いのでずっとを控えにしていたのが災いしてしまった。
ここで本日初めてのゲームオーバー。

セーブポイントからのやり直しで、ボス戦の前に「E.S.ゼブルン」を戦闘に参加させ、どうにか最初のボス戦をクリア。

その後は「E.S.」を降り、キャラを操作しながら更に迷路のようなマップを進んでいく。

zeno008.jpg

ブロックを動かしたり破壊したりしながらエレベーターを操作したり、コンテナを移動させて通路を作ったり・・・
特に難儀したのが、ワープゾーンが入り乱れた9層ものフロアからなるエリア。
どこをどう進んでいいのか把握できるまで、かなりの時間を要してしまった。

zeno011.jpg

どうにかそこを抜けると、要塞のコアと思える場所に到着。
そしてそこでは「オルグイア」というボスが待ち構えていた。
なんだか二重人格のような敵で、時々性格が入れ替わり、その度に攻撃属性や弱点属性が変化するので、かなりの長期戦になってしまった。
それでもどうにか倒すことができた。

zeno012.jpg

その後、自爆装置を起動させるためのパズルがあり、それが成功すると30分のカウントダウンが始まった。
どうやら時間内に元来た道を戻らなければならないようだ。
道のりは結構長い上に、通ってきた道の敵が復活しており、その戦闘中もカウントダウンは止まらないものだから、もう気が気ではない。
それでもどうにか、時間内に「E.S.」まで戻り要塞を脱出・・・しようとしたら、そんなに甘くはなかった。
ペレグリーが操る「E.S.Issachar」が待ち構えていていきなり戦闘開始。

zeno013.jpg

ここで、ミスを犯していたのに気付いた。
「E.S.ゼブルン」を控えにしたままだったので、またまた回復役がいないのだ。
結局ゲームオーバー・・・
またカウントダウン前からやり直しだ。
ほぼ30分が無駄になってしまったことになる。
さすがに精神的にダメージが大きくて、今回はここまでとした。


今回、キャラクターたちによる戦い方は随分理解できるようになった、
特に敵をブレイクさせ、エアー状態、ダウン状態にもっていくためのブーストの使い方、イベントスロットに合わせて攻撃の調整、弱点属性を突くための「ソード系エーテル」の活用などがわかってきた。
また、いくつか覚えた「二人技」も実際に使ってみることもできた。

zeno014.jpg

ただ、どうにもこうにもスキルの習得が思うようにはかどらない。
各自が必要なスキルを覚えるためのポイントが絶対的に足りないのだ。
この面をクリアしたら、UMNによる過去にクリアしたマップによるキャラクターのレベル上げとかをした方がいいのかもしれない。

キャラクターたちによる戦い方がわかるようになってきたのに比較して「E.S.」による効果的な戦闘方法が今ひとつよくわからない。
弱点属性を突く攻撃の仕方をしなければならないようなのだが、キャラクターのようにエーテル攻撃があるわけでもないし、途中でパイロットの変更などもできないので、具体的な方法がよくわからないのだ。
各「E.S.」には「スペシャル技」というのがあって、それに属性があるようなので、その活用がポイントになるのだろうか?
もう少し研究が必要なようだ。

|

« 世界の中心で、愛をさけぶ (第十回) | トップページ | 二度目の森 ~「SILENT HILL4 THE ROOM」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2647/1375217

この記事へのトラックバック一覧です: エルザ、そしてオルムス機動要塞へ ~「ゼノサーガ EpisodeⅡ」:

« 世界の中心で、愛をさけぶ (第十回) | トップページ | 二度目の森 ~「SILENT HILL4 THE ROOM」 »