« 戻るさ、君のためなら・・・ ~映画「LOVERS」 | トップページ | 新ジョブ談義とバッタ探し ~FF11 »

2004.09.02

DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー (4日目)

前回は「ソリッドのシタデル」に潜入し、ソリッドのボス、ミック・ザ・ニックを追いつめたものの、協力関係を結んだメリーベルのボス、ジナーナの部下バットの裏切りのせいで作戦は失敗。
そのジナーナと戦う羽目になり、その隙にソリッドにはメリーベルの制圧に向かわれてしまう。

dds3-01.jpg

ジナーナを不本意ながらも倒し、ソリッドが制圧に向かった「メリーベルの縄張り」に駆けつけたが、しかしそこはすでに制圧されてしまった後だった。
更に基地にかくまっているセラの存在をバットに知られてしまい、逃げ去ったバットを追ってヒートがパーティーを離脱。
その直後に出口は塞がれてしまい、直前に合流した「ゲイル」を含めて残った三人で、この「メリーベルの縄張り」を脱出しなければならない状況となってしまった。

 
ここは二度目ということもあり、既にマップは把握していたので比較的進みやすかった。
ただ困ったのは、抜けてしまったヒートに代わって、新たに加わった「ゲイル」というキャラクターだ。
十分に成長した状態で加わったのだが、なにしろヒートとは覚えているスキルが違う。
有用なスキルを初期状態で持っていたりするのだが、ヒートとは明らかに系統が違っていて、今までのパターンとは違った戦い方を求められる状況になってしまい、慣れるまで少し苦労させられた。

dds3-02.jpg

二度目の「「メリーベルの縄張り」の最後で「アバタク」という敵を倒して脱出した後、セラの無事を確認するためにムラダーラのアジトに急ぐ。
しかしアジトは既にソリッドの攻撃を受けた後で、セラも連れさらわれてしまっていた。
セラを守りきれなかった事で自分を責める「シエロ」から、ミックが「ポイント136」というところに逃げ込んだという情報を聞き、一行はセラの救出へと向かう。

ここで離脱していたヒートが合流。
他のキャラの成長に合わせてヒートのレベルも上がっていた。
セットしていたマントラもMaster状態になっていた。
こんなことなら、マスターに時間kがかかるマントラをセットした状態で離脱させれば良かったと少し後悔した。

さて、次のダンジョンである「ポイント136」だが、ここの攻略に思いの外時間がかかった。
マップの広さと複雑さもさることながら、パズル的要素のシカケがやっかいだった。

構造的には地下1階から最上階の12階まで、計13フロアの建物で、大きく分けて4つの攻略ポイントで構成されていた。

1つ目は1階と地下1階で構成されたマップから「良い王子の肖像画」を見つけ出すというもの。
至る所に「悪い王子の肖像画」が配置されており、その前を通過しようとすると地下1階に落とされるというシカケだ。

2つ目は3階にある3つの部屋それぞれにおいて、部屋の各所に配置された鏡の向きを調節して、「王女」から発する光を「良い王子」に届くようにするというシカケ。

3つ目は、吹き抜け状態の4~6階をつなぐ複数のレールを正しく動かして、6階の出口に抜けるというシカケ。

最後の4つ目も、7階と8階が吹き抜け状態になっており、ただしこちらは1本だけハシゴがあって最初の段階で行き来できるのだが、鏡の設置された移動床が3つほど配置されており、それを適切に動かして、その鏡に反射する光で新たな道を開くというシカケ。

そういったシカケもさることながら、出てくる敵のパターンがフロアごとに異なるため、セットしておくスキルを誤ると思わぬ長期戦を強いられたり、逃走を余儀なくさせられるといった状況も頻発し、そういった面でも攻略に時間がかかってしまった。

更に前回「ブルーアイスキー」を入手したことにより、「青い光の壁」を通過できるようになったが、今回は「イエローアイスキー」を入手。
2階にあった2つの「黄色い光の壁」の他、これまで攻略してきた各ダンジョンの「黄色い壁」を解除して先に進めるようになった為、その作業にも時間を取られてしまった。

さて、様々なシカケを解いてどうにか最上階にたどり着くと、そこにはセラを人質にしたソリッドのボス、ミック・ザ・ニックと裏切り者のバットが待っていた。

バットは捕らえられているセラを餌にして、ヒートに主人公のサーフを襲わせようとする。
ここで主人公とヒートの一対一の戦いとなった。
お互いの攻撃属性がお互いの弱点という組み合わせだけにちょっと心配したが、ヒートから受ける火属性のダメージはさほどでもなく、逆にこちらの冷気属性の攻撃が有効だったために予想したほどの苦労はなかった。

ある程度のダメージを与えたところでムービーとなり、実はヒートの芝居であったことがわかる。
しかしこの戦いを止めようとしたセラが不思議な力を発動。
その結果セラは建物の最上階から落下してしまう。
そのセラを救ったのは、悪魔の姿に変身して空から姿を現した「シエロ」だった。

dds13.JPG

バットは逃走し、いよいよミック・ザ・ニックとの最後の戦い。
変身した姿は頭部分と胴体部分に分離する「ラーフ」という悪魔で、戦闘開始早々サーフは頭部分に捕獲されてしまい、なかなか苦戦させられた。
しかし捕獲されたサーフを無視して、残りの二人による集中攻撃で胴体部分を先に倒してしまった後は楽だった。

こうしてソリッドを倒したことによって敵対するトライブは残り二つとなったが、同時にセラの存在が知れ渡ってしまい、主人公たちはゲイルの提案で、ある作戦を実行することとなった。
シエロが駆けつける途中に空から見つけた「巨船の残骸」にセラをかくまい、そこにワナを張って敵を待ち伏せるという作戦のようだ。

dds3-03.jpg

最後のメンバー「シエロ」も加わり、いよいよここからが本番といったところか。
キャラたちのレベルも35くらいまでは上がったが、それにしてもスキルの取得がはかどらない。
育てなければならないキャラが増えたことによって、この傾向は更に続きそうな気がする。

今回の攻略の後半では、かなり戦いに苦労する面もあったので、この先が少し心配だ。

|

« 戻るさ、君のためなら・・・ ~映画「LOVERS」 | トップページ | 新ジョブ談義とバッタ探し ~FF11 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2647/1337017

この記事へのトラックバック一覧です: DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー (4日目):

« 戻るさ、君のためなら・・・ ~映画「LOVERS」 | トップページ | 新ジョブ談義とバッタ探し ~FF11 »