« DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー (4日目) | トップページ | 世界の中心で、愛をさけぶ (第十回) »

2004.09.03

新ジョブ談義とバッタ探し ~FF11

夏祭りイベント以来ログインしていなかったFFに、久しぶりに顔を出してみた。

といっても継続してやっていないから特に何をしようという目的もなくて、LSメンバーとの会話くらいしか取りあえずやることがない。

話題は専ら今月中旬に発売される追加ディスク「プロマシアの呪縛」について。

pro06.jpg

新エリアが追加され、それに付随するミッションやクエストなども実装されるんだろうけど、実際のところあまり面白そうな部分が見えてこない。

前回の追加ディスク「ジラートの幻影」の時みたいに新ジョブでも追加されるといいのにね、という話になり、既存のFFシリーズでまだFF11に登場していないジョブは何だろうと、みんなで出し合ってみたところ、結構ある。

 
青魔道士、風水師、薬師、ものまね士・・・

そうした中で「風水師」は現実味がありそうだ。
FF11には攻撃属性に影響する「曜日」や「天気」といった概念があるので、例えば局所的に天気を変えたりすることによってパーティーへの貢献とかができそうだ。
狩り場も変化に富んでいるので、地形を利用した戦い方なども有効かも、というような話が次々と出る。

pro02.jpg

しかし話が一番盛り上がったのは「薬師」。
現状、回復の手段というと白魔法しかない。
そのことがジョブバランスに大きな影響を及ぼしていて、白魔道士以外の後衛ジョブも、結局は回復主体の役割を担うことになり、ゲーム内で様々な制限を生んでしまっている。

アイテムとしての薬品もあるが、従来のFFと違ってとても高額で、よほどの状況が無い限りそれらを使用するということはできない。

薬師の登場により、白魔法や通常のアイテム以外の回復手段が生まれることは、現在のゲームバランスに良い意味での大きな変化が期待できそうな気がする。

また通常はスタック(一つのアイテム欄に同じものを12個まとめて持てる)できない薬品も、薬師はスタックできるといった、まさに薬師ならではのアイデアなども出た。

pro03.jpg

そんな真面目な話をしていたところ、タルモンク君が「女性キャラには是非ナース服を!」と言い出したものだから、話は急に脱線^^;
ジョブ名は薬師ではなくドクターとナースでとか、帽子には赤十時マーク付きをとか、武器は注射器で吸血、あげくはマクロで「痛くありませんよ~♪ 生理食塩水 <t>」「栄養剤Ⅰ、栄養剤Ⅱ、栄養剤Ⅲ」などなど・・・

ともあれ、裏世界バリスタなどよりも、やはりFFは新ジョブの導入が一番盛り上がりそうだと実感した。

その後は最近急に話題に出るようになった「バッタ」の話に。
各地で「バッタを見た」という情報が相次いでいるのだ。
Gaiも噂は耳にしていたので、どうせ暇だしと、コンシュタット高原までチョコボを走らせて探しに行ってみた。

ffss011.jpg

2時間(ゲーム時間で2日間)ほど探してみたけど、残念ながら発見できなかった。
夜になると、なるほど虫の鳴き声が聞こえる場所がところどころに見つかった。
そういった場所を中心に探してみたのだがダメだった。

後から知ったのだが、どうやら一カ所に留まっているワケではなく、かなり早い速度で移動するらしい。
もしそうだとすると発見したとしてもスクリーンショットまで撮るのはなかなか難しそうだ。

探している最中に大羊に遭遇。
昔はコイツに何度も追われて殺されたものだが、さすがに今では大したことのない敵だ。
ストーンⅢ、ウォータⅢ、エアロⅢの魔法三連発であっという間に終了。
ということで、本日の収穫は「狂乱雄羊の角」のみ^^;

ffss012.jpg

Gaiにとっての久しぶりのヴァナディールは、とてものどかな世界でした。

(Copyright (C) 2004 SQUARE CO.,LTD. All Rights Reserved)

|

« DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー (4日目) | トップページ | 世界の中心で、愛をさけぶ (第十回) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2647/1345989

この記事へのトラックバック一覧です: 新ジョブ談義とバッタ探し ~FF11:

« DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー (4日目) | トップページ | 世界の中心で、愛をさけぶ (第十回) »