« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »

2004.09.28

泣かない、全てが終わるまで ~映画「バイオハザードⅡ アポカリプス」

ラクーンシティの地下で戦い続けた衝撃の傑作パートⅠから2年!
T-ウィルスに感染したラクーンシティは完全に隔離され、街全体消滅までのカウントダウンがスタート!
街に残されたヒロインたちの運命は!!!といったストーリーです。

まぁ予告や番宣でバンバン流れていましたし、公開から既に随分時間が経っているので、ストーリー展開の説明は今更不用かもしれませんね。

BH2_001.JPG

感心したのは、前作としっかりストーリーが繋がっている点。
この2を見ると、パート1のラストが単に意味深な雰囲気を持たせる為だったワケではないことがよくわかります。

続きを読む "泣かない、全てが終わるまで ~映画「バイオハザードⅡ アポカリプス」"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004.09.19

これは期待! ~PS2/XBOX/PC「スター・ウォーズ バトルフロント」

Gaiが気になっているゲームの一つとして、以前このBlogでも取り上げたことのある、10/7発売予定の「スター・ウォーズ バトルフロント」ですが、デモムービーが公開されているのを発見!

sw_bf01.jpg

更に、「E3 2004」にて公開された Trailer や、実際のプレイ中のムービーも!

まぁムービーが良いからといって、必ずしもゲーム自体が面白いとは限らないのですが、映像を見る限り、かなりイイ感じですねぇ。
萌えます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.17

新エリア・ビビキー湾に行ってみた ~FF11

3時間半に及ぶ追加ディスク「プロマシアの呪縛」のインストールとバージョンアップを経て、午前1時半にようやくログイン。
LSメンバーの何人かは既に新エリアへと行っている様子だったので、Gaiもすぐに行けそうな新エリア「ビビキー湾」に行ってみた。

bibiki01.JPG

情報によると、ブブリム半島の「詩人クエストの石碑」の辺りから行けるとのこと。
その辺りまで行ってみると、特定の方向に走るプレイヤーたちが数名目に入ったのですぐにわかった。
しかし、いざ洞窟を抜けようとすると「拡張エリアに行くための登録がされていません」というような趣旨のメッセージが表示されて洞窟の外に戻されてしまった。

そこで思い出した。
拡張パックのインストール後に、FFログイン直後のトップ画面から「拡張コンテンツ登録」なるものを行わなければならなかったのだ。

続きを読む "新エリア・ビビキー湾に行ってみた ~FF11"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FINAL FANTASY XI 「□eの呪縛」

本日はFINAL FANTASY XIの拡張パック第二弾「プロマシアの呪縛」の発売日。

proma.jpg

しかし本日ディスクを入手した人も、おそらく多くの人が、手には入れたものの悪戦苦闘の一日となったのではないでしょうか。
14時頃からまたまた緊急メンテだったようですね。

Gaiも夜10時頃からインストールを始め、プレイオンラインへのログインはできたものの、既に午前1時を回りましたがバージョンアップが未だに完了しません^^;
だいたい、わざわざDVD-ROMで拡張パックを提供しておいて、その発売日当日でのインストール直後に、この膨大なダウンロードファイルっていったい・・・。

ヴァナの民が逃れられないのはプロマシア神の呪縛ではなく、実はスクエア・エニックスの呪縛からというオチだったということでしょうか。
まぁこれも一つの祭りと思って諦めましょう。

続きを読む "FINAL FANTASY XI 「□eの呪縛」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.14

ジャズやるべ♪ ~映画「スウィングガールズ」

新宿まで買い物に出て、ちょっと時間が余ったので「バイオハザード2」でも見て帰ろうかなと思ったんだけど、運悪く時間が合わなかった。

見回してみると、この「スウィングガールズ」がちょうど始まる時間だった。

sg07.jpg

予告とかを見ていて「女子高生版ウォーターボーイズ!」的な内容であることも想像がついていたので、映画館で見るほどでもないかなぁと、ほとんどノーチェックでしたが、予告を見た感じではなかなか面白そうだったし、肩の力を抜いて見れそうで、たまにはこういうのを見てもいいかなという感じで入ったのですが・・・

面白かった!

続きを読む "ジャズやるべ♪ ~映画「スウィングガールズ」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.09.13

台湾発MMORPGはこんな感じ ~M2(神甲演義)

この二日間、遊んでみているのが、9/10からオープンβテストが始まった「M2(神甲演義)」というMMORPG。

m2_01.JPG

サーバーは「烈風」と「水龍」の二つがあって、取りあえず上に表示される「烈風」の方にキャラを作成。
よくあるファンタジー系のMMORPGと違って、キャラ作成時に「種族」とか「職業」の選択はなく、「人間」の「平民」という状態でスタートすることになります。
ただし外見は比較的多彩に選べます。
性別は当然2択になりますが、顔・髪型が複数あって、その組み合わせで外観が決まるという感じ。
その他、6ポイントの能力値を体力、敏捷・知力、知性といった6種類のパラメータに自由に割り振って、名前を付ければキャラ作成完了。
一つのサーバーに3人までキャラが作成できるようです。

続きを読む "台湾発MMORPGはこんな感じ ~M2(神甲演義)"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004.09.11

世界の中心で、愛をさけぶ (最終回)

すごいドラマだったと思う。

おそらく冷静には見られないだろうと、ある意味覚悟を決めて見た最終回。
最後の最後まで涙を抑えきれないシーンが続いたが、見終わった今、とてもすがすがしい。

seka1113.JPG

もしかしたら、見終わった後も心が暗いまま過ごさなければならなくなるのではないだろうかと恐れていた。
柴崎コウの「かたちあるもの」を聞く度に、悲しさだけを思い出す事になるのだろうかと考えていた。
でもそうはならなかった。
見送ることの大切さ、走り続けることの意味と尊さを、改めて教えられた思いでいっぱいだ。

続きを読む "世界の中心で、愛をさけぶ (最終回)"

| | コメント (6) | トラックバック (3)

2004.09.10

白黒つけたぜ! ~DVD「ゼブラーマン」

意外や意外、なかなか面白い作品でした。

zebra01.JPG

特に出だしから中盤にかけては文句無くはまります。
TVに映る最近のヒーロー番組に「なっちゃいねぇ」とつぶやきながら、ミシンでコスチュームを作り、夜な夜な鏡の前で着てみて、決めポーズなんかしてふふふと笑う。

「やっべ~…浅野さんに見せたい」
このセリフが前半におけるこの映画の全てといってもいいかもしれません。
仮面ライダー1号2号V3まであたりをリアルタイムで見ていた世代なら、きっと更に楽しめると思います。

続きを読む "白黒つけたぜ! ~DVD「ゼブラーマン」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.09.09

二度目の森 ~「SILENT HILL4 THE ROOM」

(ネタバレプレイ日記ですので、これからプレイされる方はご注意下さい。)

病院の世界」で傷だらけのアイリーンと合流し、二人で「二度目の地下鉄」を攻略した前回、長い螺旋階段を抜けた先は予想通り「二度目の森の世界」だった。

sh8-01.JPG

プレイ8日目となる今回、この森の探索が中心となったが、二度目でマップの配置はある程度把握していたものの、なかなか歯ごたえのあるプレイとなった。

扉を抜けた最初のエリアは「墓場」。
中央には「11121」と書かれた棺おけがあり、そこかしこに落書きがある。
この落書き、主人公には読めないのだが、なぜかアイリーンが読んでくれる。
落書きの内容はウォルター少年が書いたと思われる当時の行動や思いの数々。

続きを読む "二度目の森 ~「SILENT HILL4 THE ROOM」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.07

エルザ、そしてオルムス機動要塞へ ~「ゼノサーガ EpisodeⅡ」

プレイ5日目。
前回は、「曙光」から宇宙船を奪って旧ミルチアへと向かったシオンとアレンが謎の敵に襲われたところを、自律機動したコスモスに救われ、「エルザ」に収容されたところで終了していた。

zeno001.jpg

船長に話しかけると、しばらく「エルザ」内を探索しろというので、一回りしてみる。
今回の「エルザ」はエピソード1の時の「エルザ」に比較してかなり狭く、1Fと地下フロアしかない。
ただ、船内ではG2キャンペーンが2つ発生した。
1つは「伝説のバーテンダー」で、レストランにいるドロイドが船長の好みのカクテルを作るのに協力してほしいというもの。
これは無事にクリアして「デコーダー14」をゲット。

続きを読む "エルザ、そしてオルムス機動要塞へ ~「ゼノサーガ EpisodeⅡ」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.04

世界の中心で、愛をさけぶ (第十回)

死ぬってことが否定できなくなった時
死に方に夢を持つことは
諦めることなの?

seka10_05.JPG

今週もまた、少し放心状態でこれを書いている。
でも、涙が込み上げながらも、予想していたほど心が弱っていないのは、きっとたくさんのことを考えさせられたからだと思う。
亜紀の言葉に、谷田部先生の言葉に、そして朔の行動に。

「今一番知りたい事って何?」との谷田部先生の問いに「私、何のために死ぬんでしょうか?」と聞き返す亜紀。
その質問に打ちのめされてしまった。
自分がそんな質問を受けたら、とても答えられないと思う。

続きを読む "世界の中心で、愛をさけぶ (第十回)"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2004.09.03

新ジョブ談義とバッタ探し ~FF11

夏祭りイベント以来ログインしていなかったFFに、久しぶりに顔を出してみた。

といっても継続してやっていないから特に何をしようという目的もなくて、LSメンバーとの会話くらいしか取りあえずやることがない。

話題は専ら今月中旬に発売される追加ディスク「プロマシアの呪縛」について。

pro06.jpg

新エリアが追加され、それに付随するミッションやクエストなども実装されるんだろうけど、実際のところあまり面白そうな部分が見えてこない。

前回の追加ディスク「ジラートの幻影」の時みたいに新ジョブでも追加されるといいのにね、という話になり、既存のFFシリーズでまだFF11に登場していないジョブは何だろうと、みんなで出し合ってみたところ、結構ある。

続きを読む "新ジョブ談義とバッタ探し ~FF11"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.02

DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー (4日目)

前回は「ソリッドのシタデル」に潜入し、ソリッドのボス、ミック・ザ・ニックを追いつめたものの、協力関係を結んだメリーベルのボス、ジナーナの部下バットの裏切りのせいで作戦は失敗。
そのジナーナと戦う羽目になり、その隙にソリッドにはメリーベルの制圧に向かわれてしまう。

dds3-01.jpg

ジナーナを不本意ながらも倒し、ソリッドが制圧に向かった「メリーベルの縄張り」に駆けつけたが、しかしそこはすでに制圧されてしまった後だった。
更に基地にかくまっているセラの存在をバットに知られてしまい、逃げ去ったバットを追ってヒートがパーティーを離脱。
その直後に出口は塞がれてしまい、直前に合流した「ゲイル」を含めて残った三人で、この「メリーベルの縄張り」を脱出しなければならない状況となってしまった。

続きを読む "DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー (4日目)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戻るさ、君のためなら・・・ ~映画「LOVERS」

公開されたら絶対観に行く!と以前書いた映画「LOVERS」ですが観てきました。

lovers01.JPG

今日は「映画の日」だったんですね。
料金的には幸運だったけど、そのせいか開始前に入館したにも関わらずとても混んでいて、座れた席はなんとど真ん中とはいえ最前列。スクリーンとの距離は5Mも離れていなくて、もう見上げるようにして見なければならなくてショック。

しかし始まってみるとそんなコトは気にならないくらい、もう最高に満足。
前の人の頭とか気にしなくていい分、かえって映画に集中できて良かったかも。

続きを読む "戻るさ、君のためなら・・・ ~映画「LOVERS」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »