« 人はなぜ戦うのか?  ~DVD「CASSHERN」 | トップページ | 新要素満載のMMORPG 「Master of Epic」 なのだが・・・(前編) »

2004.11.08

電車で読める「電車男」?

諸事情あって、ずいぶん更新をさぼってしまいました。
にも関わらず日々のアクセス数はそんなに落ちてないのにちょっとびっくり。
時々覗きにきて下さっている方々、本当に申し訳ないです。

えー、更新していなかった間もネトゲのβテストに参加してみたり、積みゲーをクリアしてみたり、DVDソフトを買ってみたりと、そこそこネタはあるのですが、復活第一弾は久々に「電車男」でいってみようかと。

10月22日に書籍版「電車男」(新潮社)が発売されたのは、既にご存じの方も多いかと思います。

densyabon01_.GIF

実はGaiも発売日直前に予約していたのですが、出版元が慎重を期したせいか、初版部数がかなり少なかった様子で、その煽りを食らったのか、先日になってようやく届きました。

 
とにかく売れているようで、発売から10日も経たないうちに版を重ねて、今月1日には20万5000部に達したそうです。

出版前は賛否両論あったこの「書籍化」。
というより殆ど「否」の方が多い状況でしたね。

Gaiも、モニター画面を上から下に流れていく、あの独特の「間」やAA(アスキーアート)による効果、そこからくる臨場感というのは、一般書籍では再現しにくいのではないかという印象を持っていましたし、かといって色々加工されたり、編集されたりしたならば、世界感そのものを台無しにしかねないのではという危惧もありました。

しかし結果は、そんな心配は全く必要無かったというのが手にとって読んでみた際の感想でした。

内容は、良くも悪くもまさにあのモニターの画面に表示された内容そのまま。
よくもここまで再現したと、感心させられました。

densyabon02_.JPG

実際、新潮社さんの「電車男」のサイトを見てみると、その制作の過程の苦労がうかがい知れます。

特にAAに関しては、相当の苦労があった様子。

その他、編集担当者さんや赤ペン男さんの記事もなかなか面白いです。

さて、モニター画面から見た内容がそのまま再現されている点は大いに感心させられたワケですが、逆に言えばそれだけという感じもあって、付加要素が全くないというのは、まとめサイトを既に見ている側からすると、それはそれで残念な気もします。

むしろ上記のような、webサイトで公開されている出版までの関係者の苦労話が、この書籍版にのみ掲載されているとか、中の人のコメントや、電車男やエルメスさんからのメッセージとか(簡単なコメントは同サイトにもありますけどね)、そういった書籍版だけで得られるプラスアルファがあったならば、もっと良かったのになぁという感じもします。

とはいえ、書籍化されて良かったという面もあるでしょう。
興味があるけどインターネット環境が無い、という人は今ではきっと少ないとは思いますが、あの膨大な量をじっくりPCで読めないという人は少なくないと思いますし、それこそ電車の中などでも読めるというのは、悪くはないでしょうね。

densyabon03_.JPG

Gaiも昨夜、寝る前にちょっとだけ読んで寝ようと読み始めたところ、結局止まらなくなってしまい、また3時間近くかけて最後まで読んでしまいました^^;
5月に初めて読んだ時に受けた感動を、今回もまたそのまま感じることができました。

一部ではネタだとか、自作自演だという論争も相変わらずあって、ネタ説の根拠などを見ると確かにそうかもという気がしたりすることもあったりしますが、読み返してみるとやっぱりネタとは思えませんね。
ともかく、そんなことはどうでもいいと思えるくらい、間違いなくイイ話しです。

電車男、エルメスさん、今頃どうしてるんでしょうね。
シアワセが続いているのだといいですね。

|

« 人はなぜ戦うのか?  ~DVD「CASSHERN」 | トップページ | 新要素満載のMMORPG 「Master of Epic」 なのだが・・・(前編) »

コメント

ども、おひさなのだ。

自分は書店で立ち読みだけなので、細かな所はGai さんの感想を見てなるほどと思ったのだ。

やはり、ネット上の内容をそのまま書籍化したパターンだったのねぇー
ようは、この書籍の対象者はネットで見た人向けではないってことのようなのだ。

逆に、ネットで見た人向けにプラスαの内容が書かれていれば、全体的な評価がもっと良くなったのかもしれないのだ。
あとは、価格設定もあるかも・・・

投稿: はんぎょどん | 2004.11.09 09:56 午前

やはり手探り感は否めないですよね。
アプローチ的にはおもしろいと思うのですが、
まあ、次回作に期待しましょう。

文庫でも良かったかなあと思ったり。。。

投稿: miuchan | 2004.11.09 10:51 午前

>はんぎょどんさん、どもです。

ネットで見られない人にとっては、まさに打って付けでしょうね。

記事にも書いたように、ネットで見た人と全く同じ状態のものを読めるし、同じ感動を得られるます。
ネットで読んだ人と本で読んだ人に差異が生じることが無いという点ではGood Jobと言えるでしょう。
しかし良くも悪くもソレだけ、という点がなんともかんともw

>miuchanさん

こちらではお初ですかね?
ミクシではいつもお世話になっておりますです。
(って、お世話してもされてもいないか^^;)

持ち運ぶという点では「文庫」の方がありがたいでしょうね。
しかし紙面や文字が小さくなってしまうと、PCモニターで見た際の印象とは微妙に違ってきそうな気もします。

AAはもちろんの事、改行の位置や行間なんかも、結構重要なポイントのような気もしますからね。

投稿: Gai | 2004.11.09 03:49 午後

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2647/1904665

この記事へのトラックバック一覧です: 電車で読める「電車男」?:

« 人はなぜ戦うのか?  ~DVD「CASSHERN」 | トップページ | 新要素満載のMMORPG 「Master of Epic」 なのだが・・・(前編) »