« 2004年総決算 Part2 ~「映画/DVD編」 | トップページ | 今年もお世話になりました! »

2004.12.30

2004年総決算 Part3 ~「デジタル機器編」

2004年総決算の最後となるこの「デジタル機器編」では、Gaiが今年購入したデジタル機器をピックアップしていきます。

先ずは今年どんなモノを買ってしまったのか、ざっと洗い出してみるとこんな感じです。

digital

Linksys BEFSR41C
TRANSGEAR DVX-500
vodafone V602SH
BUFFALO USB2.0対応 DVD±R/±RWドライブDVM-RD16U2
ソニーコードレスサラウンドヘッドホンMDR-DS3000
HDDミュージックプレーヤーOLYMPUS m:robe MR-100
LUMIX DMC-FX7/A
PSPバリュー・パック
SONY RDR-HX90 HDD内蔵DVDレコーダー スゴ録

元々周囲の人たちから「物欲番長」とか「人柱」とか言われるほどの「デジモノ好き」のGaiは、ついつい色々な新しいモノに手を出してしまう性分なのですが、例年に比べると点数的には若干少なめという感じです。

 
これは昨年、念願の32インチプラズマテレビの購入と、自作PCの大幅グレードアップを行ったので、今年の前半は買い物をかなりセーブした事が影響していると思います。

一つずつ見ていきましょう。

Linksys BEFSR41C」はブロードバンドルーター。

befsr

個人的な今年の大きなニュースとして、インターネット環境をそれまでのADSL(e-Access)からFTTH(Bフレッツ)に変更したという点がありますが、その結果NTTから提供されたルーターやこれまで利用していたルーターではスループットがボトルネックとなって、本来の通信速度が得られないという状況に陥ってしまい、このルーターを購入することになりました。

その導入の様子は こちら のエントリーにも書きましたが、とにかく先ずはそのサイズの小ささに驚きました。
そのくせ値段も安く、スループットも充分という、まさに三拍子揃ったルーターで、現在も大いに頑張ってくれていますが、実は現在買い換えを予定中です。

また機会があれば記事をエントリーしようと思っていますが、プロバイダーのニフティとNTT東日本がタイアップして始めた、ある映像コンテンツサービスを最近になって利用し始めたのですが、このサービスの技術にはIPv6が利用されており、IPv6に対応していない「Linksys BEFSR41C」では、サービスをフルに利用できない状況になっています。

そういう経緯もあり、また、そろそろ無線LAN環境も整えたいと考えていた時期なので、この機会にIPv6および無線LANに対応したルーターへの買い換えを検討中というワケです。

続いて「TRANSGEAR DVX-500」です。

nagase

この製品の購入時にアップしたエントリーにも書いた通り、LANケーブルで接続したPC内のマルチメディアコンテンツを、テレビやオーディオ機器で再生できるDVDプレイヤー。

このプレイヤーのおかげで、音楽に関してはCDプレイヤー等で再生する事はめっきり減って、PC内のMP3をプレイリストで再生して、BGM代わりに聴きながら他のことをしているという状況が増えました。

デジカメで撮り貯めた画像データの閲覧も、32インチのテレビ画面で再生するとちょっと新鮮な感じがして、その際にもたまに活用しています。

しかし映像データについては活用できるコンテンツが少ないせいもあって、あまり活躍していません。
ただ、毎週フレッツスクエアで「ガンダムSeed DESTINY」を鑑賞しているのですが、その時にはコイツの出番。
このようにPCで手軽に閲覧できる映像コンテンツが増えてくれば、こういったメディアプレイヤーはもっと需要が増えると思うのですが、無料で質の良いモノがまだまだ少ない現状においては、ちょっとまだ無用の長物的印象です。

お次は「vodafone V602SH」、ほぼ毎年のようにケータイを機種変更しているGaiですが、今年もやぱり新しいのに手を出してしまいました。

602_01s

しかしコレはなかなか満足度の高い買い物でした。
2万画素とはいえ、2.5インチの液晶が付いたデジカメなんてそうたくさんは無いし、5万前後もするものばかりですからそれだけでも安い買い物といえるのですが、更にムービーやMP3も再生できて文庫も読めるという多機能ぶり。
もう移動時にはコレひとつあれば時間つぶしに不自由しません。
それにしてもケータイの進歩ぶりには目を見張りますね。一体この先どこまで進んでいくんでしょう。

BUFFALO USB2.0対応 DVD±R/±RWドライブDVM-RD16U2」は二層式DVDメディアの書き込みに対応したDVDマルチドライブ。

dvmrd16u2

購入した目的は、ここに書くのはちょっとはばかられるので控えますが、おおよその検討は付くでしょうね^^;
驚くべきはその値段です。
これも14000円ほどで購入したのですが、書き込み式DVDドライブの低価格化の早さにはほんとに驚かされます。
ただ、二層式メディア自体がまだまだ高いので、実際にはまだあまり活用していません。
来年あたりは二層式メディアも安く手に入るようになってくると思われるので、活躍してくれるのはこれからというところでしょうか。

ソニーコードレスサラウンドヘッドホンMDR-DS3000」はその名の通り、5.1chに対応したコードレスヘッドホン。

MDRDS3000

DVD好きのGaiであっても、さすがに深夜とかには鑑賞することができない不便さがあって、ずっと注目はしていた分野でしたが、値段の高さがネックとなって、これまでは手を出しませんでした。

たまたまMDR-DS4000という新機種が発表された直後であったせいか、一気にこの製品の相場が下がったため、これも14000円ほどで購入。

親機をかなり正面に近いところに設置しないとノイズが乗るため、思ったほど親機の置く場所に自由度が無い点が残念でしたが、その点に注意すれば音質的には充分満足でき、深夜にDVD鑑賞ができるようになった事は個人的には画期的でした。

ただ、ヘッドホン自体の重さのせいもあって、ヘッドバンドによって頭髪にくっきりとヘコミができてしまい、翌朝髪をセットするのに一苦労させられるのが難点です^^;

HDDミュージックプレーヤーOLYMPUS m:robe MR-100」はオリンパス初のMP3プレイヤー。

body_image_mr100

そのデザインに惚れ込んでしまい衝動買いしてしまった一品です。
しかしこの買い物はは少々失敗だった印象を拭えません。

先ず音の出力不足が致命的。
最大音量にしても電車の中などでは音量が足りない。そのせいで音質自体に不満を感じてしまいます。

そして操作性の悪さ。
これは慣れれば改善されるかなとも思っていたのですが、やはりクリック感のないタッチパネル操作というのは、精神衛生的にもあまりよくありません。
動作反応自体が決して早くないので、余計にイライラさせられます。

別売りの液晶リモコンによって、この操作性の悪さは幾分解消されるのですが、リモコン側の大きな問題は電源のオンオフがリモコンではできないこと。
本体の電源を入れて操作可能になるまでの時間が長い点もあって、結局はやはりイライラさせられます。

そしてもう一つ、専用ソフトを経由しないとPCから曲を転送できない点。
これはこの機種に限らず、多くのプレイヤーで同様なのですが、この専用ソフトの使い勝手自体があまり良くありません。
特にデータをフォルダ単位で管理できない点に不満を感じます。
何しろ5GBという容量は、かなりの曲数を放り込んでおけるのですが、フォルダという概念を持っていないため、ソフト上では全ての曲が一覧され、管理が非常に面倒です。

ただ、5GBという容量のおかげで一度転送してプレイリストを作っておけば、それほど頻繁にデータ管理を行う必要が無いので、その点は妥協できるかなという印象もあります。

とにかく手持ちのCDをほとんど入れることができたおかげで、普段はあまり聴かないCDも改めて聴くようになり、新鮮に感じられる点はありがたいです。

また、クレードルの存在もこの製品の良い点の一つ。
充電や転送の準備など、クレードルに乗せるだけでOKという利用環境を一度経験すると、それナシの製品には戻れなくなりますね。

LUMIX DMC-FX7/A」は手ぶれ補正と大きな液晶画面がウリのパナソニック製のデジカメ。

ki_lumix02

デジカメに関しては、結局普段持ち歩かなければ、どんなに高性能であってもあまり意味は無いという風に個人的には考えていて、自分としては「vodafone V602SH」のカメラ機能で充分と思っていたのですが、「撮る」という事に関しては全く問題無い手軽さを感じるものの、いざ再生・PCへの転送となると、それほど手軽にはいかない点に少々不満を感じ始めていました。

そうした中で、この「 LUMIX DMC-FX7/A」は本体の小ささに対する液晶の大きさに感銘を受け、発売されて以来ずっと気になっていましたが、実際にはそれほど利用するシーンがあるようには思えず購入には至りませんでした。
ところがたまたま、35000円という相場より1万ほど安い値段で売られているところを見つけ、衝動に負けて買ってしまいました。

まだ実際にはほとんど使用していないため、この年末年始の帰省で利用してみて、その後にレビューを書きたいと思います。

PSPスゴ禄については既にレビューを書いていますので、ここでは省きます。

MP3プレイヤーの衝動買いが失敗だったかなという感じですが、それ以外はGaiにしては珍しく手堅い買い物ができた一年だったなという印象です。

それでも平均するとこの分野だけでひと月に2万円前後の買い物をしている計算になるので、やはりお金の使い過ぎですね。
来年はもう少し我慢して、貯金もするようにしたいと思います。

|

« 2004年総決算 Part2 ~「映画/DVD編」 | トップページ | 今年もお世話になりました! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2647/2413436

この記事へのトラックバック一覧です: 2004年総決算 Part3 ~「デジタル機器編」:

« 2004年総決算 Part2 ~「映画/DVD編」 | トップページ | 今年もお世話になりました! »