« 「解き放たれた鋼鉄の犬!」~XBOX360「クロムハウンズ」(1) | トップページ | 「戦い前夜の猟犬たち」~XBOX360「クロムハウンズ」(3) »

2006.08.01

「集え!猟犬たちよ!」~XBOX360「クロムハウンズ」(2)

前回に続いてXbox360用ソフト「クロムハウンズ」レビューの第2回です。
今回はオンラインデビューへのステップをご紹介します。

Crom11

「クロムハウンズ」ではオンラインモードを「ワールドモード」といいますが、サービス開始当初はログインしにくい障害が一週間ほど続き、実にイライラさせられました。

その間、購入した多くの人はオフラインで遊ぶしかなく、オンラインモードに繋がった時には軒並みオールSランククリアという人が続出したりという状況もあったようです。

現在ではそのようなことはなく、快適に「ワールドモード」をプレイできる状況です。

「ワールドモード」には、メインとなる「ネーロイムス戦争」、ミッションをこなす「個別任務」、自由に戦える「フリー対戦」が用意されており、オンラインでもCPUを相手にして一人で遊ぶこともできますが、はっきり言ってそれではあまり面白くないというか、すぐ飽きてしまうでしょう。

本作は、従来のアクションゲームで求められるような、例えば単に操作の熟練具合や、単純な機体の高性能化といった面を追うのではなく、「チーム戦」の面白さ、奥深さを楽しむ方向でゲームデザインがされているところに特徴があります。

Crom01_1

従ってオンラインで先ずやるべきことは「スカッド」に入隊すること。

「スカッド」とは、MMORPGで言うならばギルド、つまりプレイヤー達によって作られた「部隊」です。
「スカッド」は必ず3国のうちのいずれかの国に所属しており、1部隊の最大人数は20名。
一つの戦闘には、この20名のうち最大6名が参加できます。
じゃぁ余った人は?と心配になりますが、オンしている人数が多い分には全く問題ありません。
例えば10人がオンラインしていれば6・4とか5・5に分かれてそれぞれ戦闘を開始すればOK。

問題は、オンラインしているスカッドメンバーの人数が少ない時。
チームを組んで戦闘を行うには、やはり4人以上はいた方が良い感じ。

このゲームでの数少ない難点の一つが、複数のスカッドに同時に入隊することができない点です。
これはしかし、入隊したスカッドの仲間意識を強固にしてくれるという点で、長所でもあります。

つまり、同じ時間帯にログインしているメンバーが多いスカッドに入隊できるかどうかが、このゲームを楽しめるかどうかの大きな分かれ目となる場合が多いと思われます。

メンバーを募集しているスカッドを検索する際、現在の隊員数も確認できますので、すぐにチーム戦を楽しみたいという場合は、自分が日々ログインする時間帯に検索を行い、ある程度隊員数の多いスカッドを選ぶのが良いでしょう。

もちろん自らスカッドを設立したり、或いは少人数のスカッドを選んで、一緒に隊員募集・部隊育成から経験するというのも有りです。

一度入隊したスカッドが自分に合わない時は、スカッドからの脱退を行うことになりますが、そのことにあまり神経質になる必要はありません。
むしろ居心地の良いスカッドに巡り会うまで、入退会を繰り返すべきでしょう。

Crom02

ちなみにスカッドに入隊申請を出しても、なかなか返事が返ってこなかったり、或いは「拒否」が返ってくることがありますが、これもあまり気にする必要はありません。

これはシステム上、「OK」するにはスカッドリーダーまたは一定数以上のメンバーがゲームロビーにいる状態で「OK」を出す必要があり、リーダーがログインしていない、或いはリーダーを含めメンバーが戦闘中である場合などには「OK」が出せなかったり、メンバーしかロビーにいないために判断できずに「拒否」する場合などがある為です。
募集している部隊には遠慮無く入隊申請を出しましょう。

おっと、ここで忘れずに「ヘッドセット」をコントローラーに繋いでおきましょう。
申請に対して「OK」が出ると、そのスカッド専用のロビーに繋がり、すぐにスカッドメンバーたちとのボイスチャットによる挨拶や会話が始まるからです。

尚、「スカッド」は3国のうち、いずれかの国に所属しているわけですが、どの国に所属しているかは、初めのうちはあまり気にする必要はありません。
実際は、ショップで売られているパーツが、国によって性能差があったりします。
脚は~国のものが優秀、スナイパーライフルは~国のものが優秀、といった具合です。
「スカッド」は戦争単位で国を移籍することもできるため、欲しいパーツを求めて次はどの国に所属しようか、などとリーダーやスカッドメンバーと、やがて相談する日も来るでしょう。

Crom08_1

さて、一度スカッドに入隊すると、次回からはそのスカッド内に直接ログインすることになります。

次回のレビューでは、本作のメインである「ネーロイムス戦争」におけるチームプレイなどを中心に、オンラインモードの醍醐味をお伝えしたいと思います。

|

« 「解き放たれた鋼鉄の犬!」~XBOX360「クロムハウンズ」(1) | トップページ | 「戦い前夜の猟犬たち」~XBOX360「クロムハウンズ」(3) »

コメント

ってことで、どもども&ご無沙汰なのだ。
久々の更新がXbox 360 &「クロムハウンズ」とは・・・ちと感動っっっっっっつ!

自分とこにも書いたけど「アーマードコア」の操作性に順応できなかったオジサン世代には、この戦車感覚の操作性は快感なのだ。

購入当初はオフラインでちびちびやってたんだけど、そろそろオンラインへ・・・ってまだまだヘッポコなんでもうちょっと修行をしてからって思っているのだ。

それにしても、「ガンダム風ハウンド」には超感動っっっっつ!!!
オンラインよりハウンド構築&デザインの技を磨くのが先決か???

では・・・

投稿: はんぎょどん | 2006.08.01 11:04 午後

はんぎょどんさん、どもでーす。

ハウンド構築は、ほんとハマりますよ。
オンラインしてても、自分もそうだけど、メンバーとかでも戦闘そっちのけで倉庫に延々引きこもってしまうなんてこともチラホラw

このゲーム、まだまだ当分遊べそうです^^

投稿: Gai | 2006.08.02 12:46 午前

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2647/11177963

この記事へのトラックバック一覧です: 「集え!猟犬たちよ!」~XBOX360「クロムハウンズ」(2):

« 「解き放たれた鋼鉄の犬!」~XBOX360「クロムハウンズ」(1) | トップページ | 「戦い前夜の猟犬たち」~XBOX360「クロムハウンズ」(3) »